同友ひろしま/2020年/2月/News

更新日2020.04.03

「自社の悩みを語れているか ~ 基礎組織である地区会の充実を ~」全県地区会長交流会

 2月1日、アークホテル広島駅南にて、毎年恒例の「全県地区会長交流会」が開催され、約八〇名が参加しました。  この交流会は、同友会の基礎組織である地区会の充実をはかるために、相互に交流し、課題を検討し、新旧地区会長の引き継ぎを行うことを目的として開催されました。
 前半で以下のような問題提起と事例報告がありました。
「地区会長とは何か」(広島東支部 西藤 諭美子 氏)
「地区会運営の手引き」(福山支部 河村 直孝 氏)
「事例報告」(東広島支部 堀内 竜介 氏)(広島東支部 神原 和宏 氏)(福山支部 森川 弘基 氏)

 県全体で36の地区会があります。それぞれ歴史と風土が異なり、現状にちがいがあります。その中で、同友会の目的に向かって、組織やしくみをどうつくって動かすか、地区会長さんのリーダーシップが求められます。
 交流会の後半では、「現在の地区会の課題、学んだこと、実践したい事」というテーマでグループ討論を行いました。参加者からは、「人間関係づくりが大切」「いいマニュアルがあるので活用しよう」「他の地区会を見学して学んでは」「テーマを決めて懇親会意を行う」「経営の話ができる地区会にしたい」「地区会長自身の会社が良くならないといけない」などの感想が出ました。  問題提起者のみなさんからは、「基本は変えない。やり方は変えていい」「どの地区会も悩みは同じ。地区会は良くなったり悪くなったりするが、失敗も勉強」などの補足報告がありました。  担当副代表理事の岡崎氏は、「女性の地区会長も出てほしい。新会員にもなるべく早く例会で経営体験を報告してほしい。地区会長が一番学べるので、チャンスを生かしてほしい」とまとめました。
 第二部の懇親交流会では、呉支部の山下敦史氏のユニークな進行により、楽しく交流しました。  

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2020年 2月 の記事一覧

 毎年1月、各支部では新年互礼会が開催されます。新春講演会の講師として、広島エリア(中・東・西・安佐)、尾道支部、三原支部では各市長をお迎えしました。各地の概要をお伝えします。 【三原支部~1月30日】  三原支部の新春…

>続きを読む

 2月4日(火)、同友会福山事務所で、福山支部が今回で2回目となる懇談会を開催しました。  参加者は、福山市経済環境局から塚本局長、同経済部の岩木部長、藤井課長、前原次長の4名。同友会は16名の計20名でした。  開会に…

>続きを読む
トップヘ