活動レポート/2020年/9月/News

更新日2020.10.05

「疑似体験で学ぶ発達障害 特性を知って会社に活かそう」福山支部バリアフリー委員会

■講師:びんご隊

 8月バリアフリー委員会の勉強会では2年に1度開催されているあいサポート運動の勉強会で「疑似体験で学ぶ発達障害」~特性を知って会社に活かそう~というタイトルで講師に、びんご隊の皆様をお招きして勉強会を行いました。
 あいサポート運動勉強会では「障害を知り、共に生きる」をもとにまず障害を知るという事でびんご隊の皆様に色々な疑似体験を発表して頂きました。一つの言葉しか伝えられないことや紙に指示された絵を描くなど障害者の方の伝える難しさなどを疑似体験で感じる事が出来ました。

 普段何気なく普通に伝えていることでも障害者の方には伝わらない・伝わりづらいということ、障害者の働きやすい職場・そしてその人の得意分野を生かす環境づくりが必要なんだと感じました。
 自社では、障害者雇用はしていませんが、社員の得意分野を生かすなどは障害の有無に関係なくどのような社員でも経営者として必要な事であること、また経営者使命として働きやすい環境づくりそして人を生かす経営が改めて必要と感じました。

 最後に発表して頂きましたびんご隊の皆様、ありがとうございました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2020年 9月 の記事一覧

■報告者:二葉印刷(有) 佐藤大悟 氏  報告者の佐藤氏は今年4月社長に就任。8月例会で「日本一の強いチームをつくりたい ~5代目社長の決意表明~」と題して発表をしてくれました。  佐藤氏は、社長就任前から、目指すべき会…

>続きを読む
トップヘ