新着情報News

更新日2021.03.29

2020年度 全県女性部会交流会開催 いつもヤバい!でも明るく!前だけを見て~それでも私は映画と共に

報告者 NPO法人シネマ尾道 河本 清順氏

 去る2月5日、2020年度の全県女性部会交流会を開催しました。報告者はNPO法人シネマ尾道 代表理事 河本 清順氏(尾道支部)。報告タイトルは「いつもヤバい!でも明るく!前だけを見て~それでも私は映画と共にでした。
 今年度はコロナの影響で、会場は報告者と設営担当は尾道会場のONOMICHI SHAREで参加。他はサテライトルームの広島同友会事務局で、メイン参加はZoomという構成でした。  男性会員や入会候補者も含め全県から五六名が参加しました。
 この交流会は経営問題を軸に学びあい、女性的な感性を経営に生かして企業発展につなげ、多様性のある同友会活動に寄与し、会員の女性比率を高めることを開催目的にしています。
 報告内容は、尾道に映画館をつくるという事から始まり、映画館改装のための資金集め、オープンまでの道のりについて。そして、尾道に映画館がある意味や映画文化を次世代へつなぐ試みについて語られました。
 Zoomでの参加者でグループ討論。テーマは「経営するうえでブレないものはありますか?それはコロナ禍でもブレないものですか?」でした。

■参加者の感想

* 想いがあれば、人も集まる事等、勇気が湧きました。地域愛、映画愛に溢れた河本さんのお話をお聞きすることができ満足です。
* 日頃なかなか接点のない女性経営者のみなさんと交流ができ、また異業種のお話も聞け、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。
* グループ討論でざっくばらんな話が出来てよかったと思います。ちょうど入会まもなくコロナ禍で例会参加が十分にできなかったという若い方がおられ、先輩のお姉さま会員より貴重なお話し・アドバイスをして頂き盛り上がりました。
* やる気ひとつ、あるかないか。普段、石橋を叩いて、やっぱり怖くて渡れない自分からすると、羨ましさと、その情熱に刺激を多く受けました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

新着情報 の記事一覧

被爆電車(広島市)  1945年8月6日、広島に原爆が投下され市内電車も多くが被爆しました。その後、焼け野原になった広島の町を走る電車の姿は市民を勇気づけたと言われています。現在も原型をとどめる650形3両のうち2両は現…

>続きを読む

 「中小企業は、経済を牽引する力であり、社会の主役である」―こう高らかにうたった中小企業憲章は、2010年6月18日に閣議決定されました。  その2年後の2012年、広島同友会は憲章制定記念行事を行い、昨年は新型コロナウ…

>続きを読む

報告者:㈲広島金具製作所 代表取締役  水ノ上 貴史 氏 (福山支部)  私は「人手不足にジャストミート!」と自社の事業を定義して会社経営をしています。事業内容は雨どい金具メーカーで、中四国では1社のみというニッチな業界…

>続きを読む

報告者  原 さゆり 氏 (㈲フラワーショップはなよし 取締役副社長) ■花屋に指針書がいるの?  私は花屋を経営しており、「花屋に指針書は必要なの?」と当初は疑問を抱いていました。ですから最初は、ただ興味本位で経営指針…

>続きを読む

 去る6月11日、オンライン(Zoom)にて「2022卒採用の為の秘策~採用の基本と後半戦の戦い方~」を開催しました。講師はコォ・マネジメント(株) 代表取締役 窪田 司 氏です。参加者は38名(Jobway2022参加…

>続きを読む
トップヘ