同友ひろしま/2021年/4月/News

ちょっとした話➀「公私連携型保育所 串戸保育園 開園!」 (特非)キッズNPO  理事長  吉本 卓生 氏(広島西支部)

 廿日市市の公私連携型保育所 串戸保育園が、令和3年4月1日に開園しました。公私連携型保育園とは、市が委託費・補助金などを出し、民間法人が設備・運営を行う園のことです。設置・運営は、吉本 卓生さん((特非)キッズNPO 広島西)が理事長を務める、社会福祉法人にこぷらす。園舎は、吉本さんの「木のぬくもりを感じる園舎で子育てをしたい」という想いから、木造園舎になりました。
 園舎建設では、吉本さんの強い地域貢献への想いや、地産地消・SDGsの観点により、地元の人と産材が多く関わりました。建設にあたった永本建設(株)永本清三さん(広島西)は、「地域の資源である物と人の利用が最大限に生かされた、他ではありえない建築です」と、おっしゃられました。
 開園に際し、「まずは、前の串戸保育園からしっかり引継ぎを行います。そして、子供たちの生きる力を育むような、新しい試みもしていきたいと思っています。また、子育では、登下校を見守ってくださるなど、地域の方々にも沢山助けていただいています。まさに、『子育てにやさしいまち』ですよね。これからは保育の側から地域へ関わり、子供にとっても地域にとってもいい保育園にしたいです」と、吉本さん。
 廿日市市の市の木、桜が満開のなか開園した串戸保育園。これからも地域と共に、地域の子どもたちを育みます。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2021年 4月 の記事一覧

2021.04.27

天にかかる橋(庄原市西城町) 中国山地の山並みを縫うようにして走る芸備線。備後落合駅と道後山駅の間にあるのが、この第一小鳥原川橋梁、通称十二号。高さ30mの橋は山と山をつなぎ、JR西日本で二番目に高い駅道後山へと抜けてい…

>続きを読む

 4月5日、県政策委員会の主催で事業再構築補助金の説明会が開催されました。中国経済産業局の中小企業課長補佐、中井靖氏が解説、二百人余りの会員がZoomで説明を聞きました。  この補助金はコロナ後の社会の変化を念頭に、中小…

>続きを読む

 同友会での合同入社式は1982年よりスタート、今年で40回目の開催です。  中小企業では採用する新入社員も1名、2名です。そこで会員企業が合同で、新入社員さんの新しい門出を祝おうという趣旨で合同入社式が開催されています…

>続きを読む

報告者:㈱スタジオアイ 代表取締役会長   相川 敏郎 氏(呉支部) ■写真館を飛び出して営業  私は島の写真館の息子として音戸町に生まれました。写真短期大学を卒業して、父の経営する相川写真館に従事します。  当時の写真…

>続きを読む
トップヘ