同友ひろしま/2021年/4月/News

中小企業問題全国研究集会from福島(東日本大震災復興シンポジウム)が開催されました

 3月13日、第51回中小企業問題全国研究集会が福島からオンライン配信で開催されました。東日本大震災から10年の節目の年でもあり、震災復興シンポジウムを兼ねての開催となりました。全国から983名、広島から7名が参加しました。
 第1部は東日本大震災復興シンポジウムとして、記念講演「福島第一原発事故は日本人に何を問いかけたのか」を映画「Fukushima50」の原作者 門田隆将氏が講演。その後、「東日本大震災『あれから10年』」をテーマに、鋤柄修・中同協REES代表、田村滿・岩手同友会代表理事、鍋島孝敏・宮城同友会代表理事、渡部明雄・福島同友会副理事長によるパネルディスカッションが展開されました。
 第2部は「災害やコロナ禍の中小企業問題」をテーマに、中山英敬・中同協幹事長が問題提起。その後、「人を生かす経営」では高瀬喜照氏(㈱高瀬金型代表取締役、愛知同友会理事)、「新しい事業戦略」では森山昌幸氏(㈱バイタルリード代表取締役、島根同友会代表理事)、「持続可能な社会」では堀弘道氏(㈱さくらトータルライフ代表取締役、福岡同友会中小企業憲章推進部会長)が経営実戦報告を行いました。
 次回の全研は大分で開催されます。現状ではハイブリッドでの開催が企画されています。コロナの収束し現地で再会できることを願って閉会となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2021年 4月 の記事一覧

2021.04.27

天にかかる橋(庄原市西城町) 中国山地の山並みを縫うようにして走る芸備線。備後落合駅と道後山駅の間にあるのが、この第一小鳥原川橋梁、通称十二号。高さ30mの橋は山と山をつなぎ、JR西日本で二番目に高い駅道後山へと抜けてい…

>続きを読む

 4月5日、県政策委員会の主催で事業再構築補助金の説明会が開催されました。中国経済産業局の中小企業課長補佐、中井靖氏が解説、二百人余りの会員がZoomで説明を聞きました。  この補助金はコロナ後の社会の変化を念頭に、中小…

>続きを読む

 同友会での合同入社式は1982年よりスタート、今年で40回目の開催です。  中小企業では採用する新入社員も1名、2名です。そこで会員企業が合同で、新入社員さんの新しい門出を祝おうという趣旨で合同入社式が開催されています…

>続きを読む

報告者:㈱スタジオアイ 代表取締役会長   相川 敏郎 氏(呉支部) ■写真館を飛び出して営業  私は島の写真館の息子として音戸町に生まれました。写真短期大学を卒業して、父の経営する相川写真館に従事します。  当時の写真…

>続きを読む
トップヘ