同友ひろしま/2021年/4月/News

事業再構築補助金の活用 金融機関やよろず拠点など、認定支援機関と事業計画の策定を!

 4月5日、県政策委員会の主催で事業再構築補助金の説明会が開催されました。中国経済産業局の中小企業課長補佐、中井靖氏が解説、二百人余りの会員がZoomで説明を聞きました。
 この補助金はコロナ後の社会の変化を念頭に、中小企業の思い切った事業再構築を支援しようというものです。中小企業支援としては最大級の1兆1千億円強、五万社を想定しており、今年度の公募は数回予定されています。
1)申請するには、申請直前の6ヶ月間の内、自由に選んだ3ヶ月の売上合計が、コロナ以前の同じ3ヶ月の売上合計と比べて10%以上減少していることが必要です。また、売上が30%以上減少し、自粛要請の影響を受けた場合は、特別枠の適用があります。
2)再構築しようとする事業について、指針が定められています。「新分野展開」、「事業展開」、「業種展開」、「業態展開」、「事業再編」の五つです。申請するには、いずれかに該当する計画を認定支援機関と相談しながら策定する必要があります。
3)認定支援機関とは、金融機関や公的な相談所、税理士、中小企業診断士など国が認定した機関です。
4)補助額は、通常枠で、100万円から6000万円の補助です。補助率は2/3ですから、150万から9000万円の事業が対象になります。
5)補助の対象経費は、建物や機械、システム構築、技術導入、外注費、広告宣伝費などが該当します。人件費や不動産、パソコンなどは除外されます。
6)事業計画は審査を受けます。採択されるには合理的で説得力のある計画が必要です。  
 以上、簡単に紹介しましたが、一定のハードルがあり、リスクもある事業計画が求められています。挑戦される方は、メインの金融機関や顧問の税理士、公的なよろず相談センターに相談してみましょう。
 第1回の公募の申請は4月15日~30日、その後は順次となります。申請はすべて「GビズIDプライムアカウント」が必要です。取得には1ヶ月程度かかる場合もあるとのことで、早めに取得しておきましょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2021年 4月 の記事一覧

2021.04.27

天にかかる橋(庄原市西城町) 中国山地の山並みを縫うようにして走る芸備線。備後落合駅と道後山駅の間にあるのが、この第一小鳥原川橋梁、通称十二号。高さ30mの橋は山と山をつなぎ、JR西日本で二番目に高い駅道後山へと抜けてい…

>続きを読む

 4月5日、県政策委員会の主催で事業再構築補助金の説明会が開催されました。中国経済産業局の中小企業課長補佐、中井靖氏が解説、二百人余りの会員がZoomで説明を聞きました。  この補助金はコロナ後の社会の変化を念頭に、中小…

>続きを読む

 同友会での合同入社式は1982年よりスタート、今年で40回目の開催です。  中小企業では採用する新入社員も1名、2名です。そこで会員企業が合同で、新入社員さんの新しい門出を祝おうという趣旨で合同入社式が開催されています…

>続きを読む

報告者:㈱スタジオアイ 代表取締役会長   相川 敏郎 氏(呉支部) ■写真館を飛び出して営業  私は島の写真館の息子として音戸町に生まれました。写真短期大学を卒業して、父の経営する相川写真館に従事します。  当時の写真…

>続きを読む
トップヘ