活動レポート/2021年/4月/News

「SDGsの取組み 最優秀賞?!」福山支部環境経営委員会

 2020年度の環境経営委員会は「SDGsを経営指針に位置付ける」のテーマで活動しました。その総まとめとして開催した3月勉強会は、①1月までの環境経営委員会主催の勉強会に1つ以上参加している(2020年度内)。②3月勉強会に参加しグループ内にて発表し、後日感想レポートを提出(100文字)した方に、SDGsのバッジを贈呈しました。②については、4月の委員会で杉田委員長が最優秀賞を発表しました。今月のBATPOSTでは、みごと選ばれた方の感想文をご紹介します。

「SDGsへの自社の取組」㈱福山楽器センター 新庄 一貴

 表面上の取組やこぎ着けの取組ではなく、身になる物にしなくてはならないと考え弊社では、社内で勉強会を行い個人レベルでSDGsを意識することから始めようと考えました。
 この春、新入社員を3名迎えますが丁度良い機会と思いチームワークと入社後必要となるスキルを身につけるためにSDGsについてホームページを作成し、入社後に社内で発表をさせることをめざしております。
 新入社員の内定が決まってから、企画を立て定期的なZoomミーティングを実施してまいりました。
 狙いとして一番は、SDGsを社内で浸透させること。ですが入社後必要となる、画像編集やHTMLの作成方法などスキルを身につけることや、新入社員にチーム行動を体験させること。また、既存社員にリモートの実用的な活用を促せる。など、SDGsへの取組を切っ掛けに随分その恩恵を感じております

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2021年 4月 の記事一覧

■講師:ラックス建設㈱ 井上宗典 氏  D地区4月度例会はSDGsビジネスマスターの資格をお持ちの井上氏に講師としてお越しいただきました。  まずは、そもそもSDGsとは何?から始まり、2001年にMDGs(ミレニアム開…

>続きを読む
トップヘ