同友ひろしま/2021年/6月/News

更新日2021.06.24

「会員増強の誓いを新たに ~全県地区会長交流会を開催」

 5月28日、オンラインで、全県地区会長交流会を開催しました。地区会長は36名中25名、支部長は9名中8名が参加しました。
 通常は毎年3月に行うこの会合ですが、コロナ禍で集合しての開催ができずにいましたので、この時期にZoomを使っての開催に踏み切りました。
 主な狙いは二つありました。一つは、財政部で論議されている地区会活動費の繰越金や使用法について、論議のポイントを共有すること。二つ目は、どの支部も苦戦している会員増強について、広島東支部の教訓に学ぶことです。  

■誰が見ても「なるほど」に

 前半は、柳原副代表理事が、財政部の論議のポイントについて「誰が見てもどこから見ても『なるほど』と思える会計基準を作ること、会の財産をより会員に役立つように活用すること、の二つがねらい」と概説しました。また、これまでに整理されてきた「活動の手引き」に沿っての活用を呼びかけました。  

■広島東支部の教訓

 後半は、中島・広島東支部長が、昨年の会員増強例会の取組みを紹介。その後、グループ討論を行いました。
 中島支部長は、昨年の実績を作った増強例会について、以下の四点をポイントにあげました。 ・役員研修などで、小組長を含めて、会員増強の意義を確認してきた。 ・こういう時だからこそ、会員自身が元気を出し、新しい仲間をつくろう、と呼びかけ続けた。 ・目標も含めて、支部が地区会に指示をしていない。地区会が自主的な取り組みとして、目標を立て、候補者リストを作り、丁寧にチェックを繰り返した。それが多くの方を巻き込む原動力になった。 ・組織委員会が、綿密な企画と計画を作って、全体を調整した。
 また、「一朝一夕の取組みではなく、諸先輩方の組織づくりの取り組みが、成果となって表れた」とも述べられました。  

■増強の誓いを新たに

 グループ討論の発表では、「東支部の会合の積み重ねや、きめ細かな取り組みに感心した」「会の中で、会の良い所や経営を語り続けることが、対外的な広報やブランディングにつながる」「組織的な取り組みを行い、多くの人を巻き込みたい」などの発言があり、会員増強への誓いを新たにしました。 (文責 事務局 橋本)

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2021年 6月 の記事一覧

元気に走れるよ!(広島市)  安佐動物公園のアミメキリンのはぐみが4月に1歳を迎えました。生まれたときに両後足に異常があり立つことができませんでした。飼育員さんや専門家が試行錯誤した装具を付けて成長しました。11月には装…

>続きを読む

中国経済産業局 産業部長 森分 幸雄  広島県中小企業家同友会の会員並びに関係の皆様におかれましては、平素から経済産業行政の推進にあたり多大なる御理解と御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。  さて、意欲ある中小企業が新た…

>続きを読む
トップヘ