同友ひろしま/2021年/7月/News

更新日2021.07.27

飲食業の会員の切実な声を緊急要望に

 6月9日、飲食業の「飲」の方々の集まり(オンライン)があり、生の声を聞きました。
 もちろんお金のことが重大な問題ですが、精神的な問題も大きいのだと認識させられました。
 これを受けて6月15日、広島県商工労働局に緊急要望をお届けしました。飲食業の会員の切実な声を受けて、①緊急事態宣言の期限である6月20日を最後に、時短営業を解除し酒類提供を許容していただきたい、②飲食業界に優先的なワクチン接種をお願いしたい、③市内中心部の活性化支援をお願いしたい、というものです。③は、本来安心して楽しめるはずの繁華街が、コロナ感染の温床のようなイメージになっており、これを払拭したいという意味です。
 商工労働局では、局長以下六名が真剣に要望を聞き、必ず知事に伝えると言ってくださいました。
 6月21日から新型コロナ感染拡大防止集中対策に移行し、市内では二〇時までの時短営業、酒類の提供は19時までの要請が出されました。
 県の商工労働局の担当者からは、総合的判断であるという説明と、知事から苦渋の決断であるとの伝言をいただきました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2021年 7月 の記事一覧

被爆電車(広島市)  1945年8月6日、広島に原爆が投下され市内電車も多くが被爆しました。その後、焼け野原になった広島の町を走る電車の姿は市民を勇気づけたと言われています。現在も原型をとどめる650形3両のうち2両は現…

>続きを読む

 去る6月11日、オンライン(Zoom)にて「2022卒採用の為の秘策~採用の基本と後半戦の戦い方~」を開催しました。講師はコォ・マネジメント(株) 代表取締役 窪田 司 氏です。参加者は38名(Jobway2022参加…

>続きを読む
トップヘ