同友ひろしま/2021年/7月/News

更新日2021.07.27

同友ひろしまNo468(2021.7.20)号

被爆電車(広島市)

 1945年8月6日、広島に原爆が投下され市内電車も多くが被爆しました。その後、焼け野原になった広島の町を走る電車の姿は市民を勇気づけたと言われています。現在も原型をとどめる650形3両のうち2両は現役で運行中。写真の653号は被爆当時の車体色で平和学習等で活躍しています。

<今月の題字> 
桒田 三秀 氏 桒田三秀税理士事務所 所長(財政部長)

<目次>
P2  「中小企業憲章」閣議決定11周年記念行事
P3 尾道支部6月例会「自社の事業を定義し、社員に伝えよう」
P4 広島エリア女性部かい6月例会「幸せと感動の架け橋となる経営指針書作成までの道のり」
P5  共同求人活動 採用勉強会/WEB合説
P6  労働問題勉強会/高校求人勉強会
P7 ひろしま経営指針塾/広島中支部地区役員研修会
P8  中同協第53回定時総会/女性経営者全国交流会in愛知

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2021年 7月 の記事一覧

被爆電車(広島市)  1945年8月6日、広島に原爆が投下され市内電車も多くが被爆しました。その後、焼け野原になった広島の町を走る電車の姿は市民を勇気づけたと言われています。現在も原型をとどめる650形3両のうち2両は現…

>続きを読む

 去る6月11日、オンライン(Zoom)にて「2022卒採用の為の秘策~採用の基本と後半戦の戦い方~」を開催しました。講師はコォ・マネジメント(株) 代表取締役 窪田 司 氏です。参加者は38名(Jobway2022参加…

>続きを読む
トップヘ