活動レポート/2021年/7月/News

更新日2021.09.17

「経営者としての終活~会社のミライのカタチ」広島西支部佐伯地区会

報告者:宮原産業(株) 代表取締役 宮原 正典 氏

 経営をする以上、経営者としての終活(事業承継)の問題は、避けては通れません。
 報告者である宮原氏には、中学生以下のお子様が3名いらっしゃいますが、すべて女の子であり、また会社には多額の借入もあり、会社のミライのカタチをどのようにすべきか非常に悩まれています。
 本例会においては、最初に宮原氏に、最近の一般的な事業承継の傾向や自身の悩みを報告していただき、その後、司会である新田氏より参加者に質問を投げかけていただく形で全体討論を行いました。
 参加者の方からは、普段なかなか聞けないような事業承継を絡めた近況(ナマの声)を聴くことができ、参加者同士の距離感が縮まるとともに、お互いに参考になる意見が多かったため、参加された皆さんが今後事業承継を考える上で、非常に有意義な例会になったと思います。

 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2021年 7月 の記事一覧

報告者:上 一枝 氏(笠岡市)  第3回の地域内連携推進委員会は、私の友人である笠岡市在中の上 一枝氏に報告して頂きました。10 年前の東日本大震災をはじめ、西日本豪雨、熊本地震など過去にありとあらゆる災害や震災が起こっ…

>続きを読む

 7月26日から2回にわたって、経営基礎講座第3講「10 年ビジョン編」を行いました。広島西支部が担当しました。  第1回は、10 年ビジョンとは何か、作成する事で、どんな変化が会社に起こるかを、藤原克昭氏((株)デイ・…

>続きを読む
トップヘ