活動レポート/県西部エリア/県西部エリア全体/News

「社員と共に学び共に育ちあう社風作り~社員が辞めない魅力的な企業作りをして定着率を上げた秘密公開~」広島東支部求人社員教育委員会

パネラー:(有)保崎組 代表取締役 保崎 伸一 氏、専務取締役 妹尾 康史 氏
コーディネーター:新日本建設(株)村上 真一(広島東支部求人委員長)

 広島東支部求人社員教育委員会より社員と共に学び共に育ちあう社風作りで保崎組の保崎社長と妹尾専務による社員が辞めない魅力的な企業作りをして定着率を上げた秘密を大公開させていただきました。

 妹尾専務は、23歳で保崎社長と出会い、長年苦楽を共にしていくなかで保崎社長が同友会に入会して社訓や経営理念を作成し始め、社内での定例会議や内容も変わってきて入会前の保崎社長からは想像も出来ないくらい社長の見る目が変わっていき経営者感を出すようになっていかれたそうです。社長が成長する姿を見て今度は自分が会社内や部下を切り盛りし社長が苦手な部分や別の道で頑張って見ようと決められました。

 保崎社長からの言葉で「頼まれごとは、試されごと」が一番印象に残っているそうです。そしてその言葉が自分を成長させてくれる言葉と思うようになったそうです。保崎社長には、社長業に専念してもらうために「社長を現場に出させるな!」と妹尾専務は言っておられます。

 道が離れて進んでいてもゴールは一緒と考え、妹尾専務が保崎社長と社員さんの間に立ってそれぞれの通訳を図り、常に社長に対してどう行動をとれば人は喜ぶのだろうか?と考える内に自然と保崎社長の考え方が分かるようになられたそうです。保崎社長と妹尾専務の話を伺い経営者と№2とがあうんの呼吸で協力し合って初めて人が育つ風土が育つのだと学ぶことが出来ました。

 初めてのコーディネーターとしての大役をいただきましたが、不慣れな事も多くて保崎社長と妹尾専務様そして運営していただいた皆様のご協力により無事に終わることが出来ました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県西部エリア 県西部エリア全体 の記事一覧

社員に恵まれていないと思ったことはありませんか? 班会議にて経営課題を検討していると、ある共通点が見えてきました。それは、失敗や不運、我慢を繰り返し、ある瞬間「俺は経営者だ」と強く意識が変わった経験が各班員にあることでし…

>続きを読む

効率化や新設備導入による業務改善を進める中で、とある社員の一言から始まった外部評価制度への取り組み。暗い小さな工場から社員自身が誇れる会社へどのようにかわっていったかや、新規ビジネスにチャレンジされているお話など、絶え間…

>続きを読む
トップヘ