活動レポート/県東部エリア/News

「Fuku -Biz×福山市立大学×広島県中小企業家同友会福山支部」

 広島県中小企業家同友会福山支部は、福山ビジネスサポートセンターFuku -Bizと連携して「地元学生による企業の課題解決ワークショップ」を行っています。
 内容は、地元企業の地元学生への認知度向上を目的に、企業の課題を学生視点でどのように解決していくのか考え提案してもらう。これにより、就職活動前に地元学生との接点を持ち、就職先の選択肢に入れるようにすることです。
 ワークショップには、福山市立大学都市経営学部の玉井教授にご協力いただき、同ゼミの2年生15名が参加することになりました。
 今回解題を提案する企業は、Jobway2022に参加している、㈱カワムラ機工 河村氏、協同精機㈱ 鍵野氏、O・I㈱ 坂本氏が選ばれました。

 ワークショップのスケジュールは次の通りです。
➀11/1(月)企業から学生に課題提示
②11/8(月)学生による企業見学、
③12/6(月)および
④1/17(月)学生提案のブラッシュアップ、
⑤1/31(月)学生による最終プレゼン。

 11/1の初回は、フクビズで行いました。会員経営者3名が学生に向けて、自社は社会のどんなお役に立っているのか等、プレゼンをした後、課題を提示しました。
(課題)
 ㈱カワムラ機工さん…自社が何をしている会社か誰にでも分かってもらえる説明の仕方はありませんか?
 協同精機㈱さん…一般向けにSNSで情報発信したい。どうすれば効果的ですか?
 O・I㈱さん…3Kのイメージが強い業界。このイメージを覆すお手伝いをしてもらえないでしょうか。

 学生さんは、3チームに分かれて課題解決に向けた提案を作ります。次回、どんな課題解決提案をしてくるでしょうか。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県東部エリア の記事一覧

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む

 第5期ひろしま経営指針塾が2月に終了し、約2か月が経った4月14日、広島市内の会場にて指針塾同窓会例会が開催されました。この例会は、指針塾修了生やサポーターを対象として、年に1度は集まってお互いの経営指針の実践状況を報…

>続きを読む

報告者:㈲)いっとく 代表取締役 山根 浩揮 氏(尾道支部)  飲食を通した街づくりの会社、㈲いっとくの山根と申します。居酒屋・カフェ・ゲストハウス等を営んでいます。 ■今、何か動かなければ  これまで、「いつも何かを取…

>続きを読む
トップヘ