活動レポート/県東部エリア/News

「もう待ったなし!~中小企業もDXの時代へ」福山支部S地区会

報告者:㈱マザーアンドチルドレン 安田 剛 氏

 S地区11月例会では、㈱マザーアンドチルドレン 代表取締役の安田剛氏に、中小企業における課題をDXによって改善していく方法について、具体例を挙げながら発表していただきました。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、簡単にいえば「デジタル技術の活用によって、企業や行政が事業や組織のあり方を変革し、人々の生活をより良い方向に導くこと」です。DXはなぜ必要なのでしょうか。まず、デジタルツールの導入により、業務を効率化することが可能です。事務作業を自動化することによって、人手不足の解消につながります。また、最近は企業でテレワークが導入され、新しい働き方やライフスタイルも選択することができるようになります。

 長野県諏訪郡に位置する創業70年目のとある 「まちの豆腐屋」さんは、創業当時からずっと紙を中心とした非効率的な働き方をしていました。受注を受けて電卓で集計、荷造表・製造計画を会計ソフトへ手入力して、レジの現金売上を集計していたのですが、時間もかかるし、経営状況がなかなか見えない。
 しかし、DXを取り入れることによって、今まで事務作業にかかっていた時間が年間で600時間も短縮されたのです。

 キントーンという業務アプリの作成・管理が可能なクラウドサービスを利用して、製造計画・出荷計画・請求が簡単にできるようになました。また、それを会計ソフトに連動させ、POSレジや経費等の情報も財務データとして一括で管理し、会社の数字を可視化できるようになりました。
 DXを取り入れることによって、何年もやりたいと思っていた営業と商品開発の時間がとれて、新規受注も増えたそうです。

 DXは目的ではなく、手段なのです。作業をデジタル化することによって、時間ができて、やりたいことができるようになる。変化が激しい時代の中で企業が生き残っていくには、重要な取り組みであるといえるでしょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県東部エリア の記事一覧

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む

 第5期ひろしま経営指針塾が2月に終了し、約2か月が経った4月14日、広島市内の会場にて指針塾同窓会例会が開催されました。この例会は、指針塾修了生やサポーターを対象として、年に1度は集まってお互いの経営指針の実践状況を報…

>続きを読む

報告者:㈲)いっとく 代表取締役 山根 浩揮 氏(尾道支部)  飲食を通した街づくりの会社、㈲いっとくの山根と申します。居酒屋・カフェ・ゲストハウス等を営んでいます。 ■今、何か動かなければ  これまで、「いつも何かを取…

>続きを読む
トップヘ