活動レポート/県東部エリア/News

「未来を見据えたM&A〜お菓子業界の発展のために〜」福山支部A地区会

報告者:㈱山本屋 山本浩矢 氏

 A地区11月例会では尾道支部支部長の㈱山本屋 ㈲はら屋 代表取締役 山本 浩矢 氏をお招きして「未来を見据えたM&A~お菓子業界の発展のために~」をテーマに報告いただきました。氏がM&Aに取り組むきっかけから決断、本契約までの流れ、M&Aを行ってからの苦労や成長過程を報告していただきました。

 M&Aのきっかけは同友会メンバーからの勉強会のお誘いでした。勉強会を通じて知り合ったM&Aコンサルの方に「お菓子の会社を売りたい方がいる、同業だから買ったらいいじゃん」と気軽に勧められたことでした。
 山本氏の周りにはM&Aをされた方もいなく、ポジティブ思考もありましたがネガティブ思考の方が圧倒的な中、社員からの一言「M&Aをする会社に僕に行かせてください」で大きな決断をされました。

 M&Aを行った㈲はら屋は過去に民事再生を行った和菓子屋でした。ネットニュースを削除してもらう為にとても苦労されました。M&Aを行って以降、就業規則の変更、売上構成や品目を見直し、メイン商品までもリニューアルされました。初めはなかなか思うように数字も上がりませんでしたが、山本屋とのシナジー効果で商品開発を行い、5年間で売上約3倍、経常利益約5倍に急成長させておられます。
 ㈲はら屋の社風や従業員の思いもしっかりと取り入れられ、苦しい時についてきてくれた仕入れ業者は変えることなく、地域貢献もしておられました。山本氏の実直さがとても伝わる報告でした。

 グループ討論では「M&Aするならどんな会社にしますか?」「個々の業界の未来をどう考えていますか?」をテーマに討論を交わしました。
 隣接異業種や後継者問題等、様々な意見が出てとても充実したグループ討論となりました。山本氏には中小企業のM&Aの流れや良い面や難しい面と非常に分かりやすく説明いただきました。
 同友会メンバーの大切さ、環境が違う社員を信頼し、信用してもらう大切さ、思いを共有する幹部社員、計画を立てそれを実現する大切さを感じる例会となりました。

 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県東部エリア の記事一覧

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む

 第5期ひろしま経営指針塾が2月に終了し、約2か月が経った4月14日、広島市内の会場にて指針塾同窓会例会が開催されました。この例会は、指針塾修了生やサポーターを対象として、年に1度は集まってお互いの経営指針の実践状況を報…

>続きを読む

報告者:㈲)いっとく 代表取締役 山根 浩揮 氏(尾道支部)  飲食を通した街づくりの会社、㈲いっとくの山根と申します。居酒屋・カフェ・ゲストハウス等を営んでいます。 ■今、何か動かなければ  これまで、「いつも何かを取…

>続きを読む
トップヘ