活動レポート/呉・県中部エリア/News

「環境対応経営で変化に立ち向かう」呉支部芸南地区会

報告者:イシケン(株) 代表取締役 石川 倫之 氏

 「環境対応経営で変化に立ち向かい乗り切る」とうテーマで、イシケン㈱ 代表取締役 石川倫之氏(福山支部)にご報告頂きました。

直面した3つの危機についてお話し頂きました。
➀鳥インフルエンザ…原料価格の高騰(競合・進出、価格競争、買い叩き)があり、価格決定権を手に入れるため、依存からの脱却。羽毛→人工羽毛へと変化。2012年に販売会社をおこし、ネット販売を開始。開発には成功しましたが、ゴールではなくスタートであったということです。

②豪雨災害…2018年7月…災害により、供給責任を果たすために製造工場と連携=アウトソーシングをする(外注)。相利共生関係≪小さいままで強い会社に≫を築き、お互いの弱点を補完=相互アウトソーシング。仕事をシェア、大口受注も効率的になり、2回目を乗り切ることができた。

③コロナウイルス拡大…コロナにより旅館・ホテル等のレンタルがストップし、新たな売り場を模索して、福山ブランドに申請(ふるさと納税)しました。また、クラウドファンディングで、世に出てない新しいものを発表し、目標額955%達成。ふるさと納税返礼品にも採用。また新たな事業領域へのチャレンジをされているそうです。

 何でもストレートに話してくださり、グループ討論では資金面、社員の関わり、兄弟と経営の行き違い、常日頃からの勉強熱心さがうかがえました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 呉・県中部エリア の記事一覧

 去る6月6日(月)、呉支部組織委員会は同友会の例会を体験し、入会に繋げる「社長の学校」体験セミナーを開催しました(参加者83名、うちオブザーバー12名)。  報告者は、㈱サンモルト 代表取締役 小川真平氏(県理事/福山…

>続きを読む

 呉支部では呉市と共催で、4回目となる「呉の中小企業を知ろう!高校生と保護者のための企業ガイダンス」を5月21日に開催しました。今回は会員企業を中心に呉市に本社を置く企業、呉海上保安部や広警察署などの行政含めた101社の…

>続きを読む

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む
トップヘ