活動レポート/県東部エリア/News

「浪漫ある人財育成とは?」尾道支部

報告者:(有)浪漫珈琲 代表取締役社長 神原 真樹 氏

■「さすが」と言われる人・店へ

 11月26日(金)にリアルとZoom を使ったハイブリッド形式での11 月支部例会が開催されました。報告者はコロナ禍まっただ中の昨年9 月に社長に就任した有限会社浪漫珈琲の神原真樹氏が社長就任後に10年ビジョンを策定し「人本位主義」の考えのもと、ビジョン達成に向けてどのように人材育成に取り組んできたのかを報告していただきました。報告の中には、自分が悩んだ時にふと振り返る迷子の3原則や100分の1の法則など、持ち帰るお土産が満載で非常に中身のある報告でした。
 特に人材育成に関わる100分の1の法則などは、いきなり100万人に1人の存在になるのは困難だけど、まずは100人に1人の存在になる事を目指し、そのスキルの種類を増やせば100万人に1人の存在にもなれるといったような、それぞれの存在価値を高める考え方については非常に勉強になりました。
 他にも、浪漫塾をひらいて会社の方針や考え方を知ってもらう場をつくっている事や、給料明細を渡す時に話をするなど、人を育てるには場をつくる事が大切と言われていましたが、まさにその通りだと痛感しました。神原氏の目指す 「さすが」と言われる人・店へ しっかりと歩んでいるんだなと感じました。
 私もこの同友会を通じ勉強した事を社内に持ち帰り、自分のビジョンへしっかりと歩んで行きたいと思います。

■例会報告者への感想、フィードバック(抜粋)

  • 2つ以上のお土産を戴きましたありがとうございました
  • 1/100 万人の話が響きました。コロナ禍で社員を不安にさせないように、スピーディに方向性を示されたことが素晴らしいと思いました。
  • 偉大な先代を持ち、またその先代をプロとして尊敬しているのは、真樹さん、会長ともにすごくかっこいいと思いました。 報告の中で今の自分に特に響いたのが『自分たちがやっていることは間違ってなかったんだ』というフレーズです。自分自身、2年ほど前に社内で改革をし、今現在売上が落ちている状態です。自分のしたことは間違っていたのかもしれないと 思って、少し心折れそうでした。 しかし真樹さんの報告を聞いていると、まだまだ自分自身全く努力していないと気づきました。 もっともっと努力してやって、それでも結果が出なかったらまた次の方法を考えて真樹さんのように『自分たちがやっていることは間違ってなかったんだ』 と言えるように頑張っていきます。
  • 人材育成の部分については、確かに薄かった感はありますが、報告者の人となりがよく分かりまた企業理念や哲学が伝わり、非常に学ぶところが多かったと思います。
  • 人材育成のついての仕組みづくりや、その背景、これからの取り組みなど聞けてよかったです。またG 討論も盛り上がり、社員教育はどの会社にも共通する話題なのだと再認識いたしました。
    ◉100万分の1の話はとても勉強になりました。弊社でも1.01の法則を全員で共有したばかりだったので、100万分の1は翌日幹部社員と共有しました。また個人的には「間違っていいのでスピード第一」が一番響き、何かアクシデントなどか発生した場合、即実践してみようと思っております。本当に勉強になりました。ありがとうございました。
  • 迷子の3原則で高くモチベーションをもって、自分の中で仕組み化されていることはタメになった。人材育成も含め、今後神原社長の新しい取り組みに期待しています。
  • 報告の中で、各自2点は自社へ持って頂くとの想いから、様々な学びがある中、一度に全部を自社で実践するのは難しいが、2点ならすぐにでも実践できそうだと思い、自分の中で何ならすぐ実践できるか、報告を聞いた後、学びのあった部分を整理する事が出来ました。特に1/100 万は、社員と面談する中で、社員1人1人に明確な目標を持って貰う上でも、非常に伝えやすいと思ったので、すぐに実践に移そうと思います。承継されてから、ビジョンや理念を作成されたとの事だったのですが、同友会に入会されて作成されたのか、入会前にご自身で作成されたのか、会社と同友会での活動の時系列が、少しわかりにくかったです。
  • とても落ち着いた発表で良かったです。自分より年下とは思えない凄さを感じました。父からの教えと自分の考えを融合させ、良い事業承継ができていると思いました。自分も早く父が引退できるような環境作りをしたければならないと改めて思いました。
広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県東部エリア の記事一覧

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む

 第5期ひろしま経営指針塾が2月に終了し、約2か月が経った4月14日、広島市内の会場にて指針塾同窓会例会が開催されました。この例会は、指針塾修了生やサポーターを対象として、年に1度は集まってお互いの経営指針の実践状況を報…

>続きを読む

報告者:㈲)いっとく 代表取締役 山根 浩揮 氏(尾道支部)  飲食を通した街づくりの会社、㈲いっとくの山根と申します。居酒屋・カフェ・ゲストハウス等を営んでいます。 ■今、何か動かなければ  これまで、「いつも何かを取…

>続きを読む
トップヘ