同友ひろしま/2021年/12月/News

有福温泉の再生 ~高い志に共感

 江津市の有福温泉。団塊の世代の人たちは、1回は行ったことがあろう有名な温泉地ですが、20軒あった旅館は軒に、500人の住人は80名に激減しています。この町の再生に広島中支部の㈱EVENTOSの川中英章さんが取り組んでいると聞き、県地域内連携推進委員会のメンバ114人が11月12日、現地を訪れました。
 川中さんは10年前から農村活性化事業に取り組み、広島市安佐南区の吉山に2軒のレストランを開店します。そこで培ったノウハウを生かそうと、江津市の有福温泉の再生事業に手をあげたそうです。今年の春からイタリアンの実験店として「有福BIANCO」を開店、10月1日に正式オープンし、温泉もグルメもゆっくり楽しめる「帰らなくてもいいレストラン」をめざしています。
 6月に有福温泉振興会が発足、川中さんが会長に就任されました。国や県などの補助金を活用し、神楽舞台や廃業した宿をリフォーム、宿は営業中の3軒と合わせ5軒にする計画です。また、レストランで宿のフロントとセントラルキッチンを担うという泊食分離をめざしています。「ワクワク」というコンセプトもあり、働きがいがあり住み続けられる地域をつくり、10年かけて有福に住む人を増やそうとの思いです。
 そんな話を聞きながら、本格イタリアンのコース料理に舌鼓を打ちました。レストランでは宿泊先の娘さん(広島の大学4年生)がアルバイトでてきぱき働いており、将来は旅館を継ぐとの決意を聞きました。宿の女将さんからは「何度か再生に挑戦したが、自分たちだけでは難しかった。川中さんと共に頑張りたい」とのお話も聞きました。
 夜8時過ぎ、御前湯では20歳の若者が家族連れで入浴していました。「いいお湯なので仕事帰りに車で来る」とのことでした。参加者は、シャッターが下り人気のないメインストリートを歩きながら、川中さんの高い志と人を巻き込む力に魅入られていました。 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2021年 12月 の記事一覧

報告者 ㈱吉村 代表取締役  橋本久美子 氏 ■社長は明日のメシ担当  ㈱吉村は昭和7年創業、今年で89年になります。私は3代目、2人姉妹の長女で、婿養子を取れと育てられてきましたが、結婚し橋本になりました。吉村の姓は妹…

>続きを読む

報告者:㈱タイ・アンド・ギー 代表取締役 板坂裕治郎  氏 (広島東支部) ■自己紹介  1990年3月4日に一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋『タイ・アンド・ギー(広島弁で「かったるい」の意)』を広島市東区牛田本町…

>続きを読む

報告者:㈱ジェイ・スマイル 代表取締役  松下 仁 氏(広島安佐支部) ■脱サラしてオーナーに  学生時代、私はコンビニでアルバイトをしていました。私が働いていた店のオーナーは頼り甲斐があり、高校生の私を戦力として扱って…

>続きを読む

報告者 ㈲シャルダン商会 代表取締役  藤田 哲也 氏 ■代表就任~現在まで 数字と経営者の姿勢の変化  2013年に社長就任をしました。当時、私は常にピリピリしており、社員は私の顔ばかりみて仕事をしていました。そんな経…

>続きを読む
トップヘ