同友ひろしま/2022年/5月/News

県政策委員会の活動② 地域金融機関と良い関係をつくるには

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融機関で企業の事業性評価を行い、その力を見込まれ金融庁にリクルートされた方です。昨年9月に定年で金融庁を退官するまでの六年間、企業に寄り添う伴走型の金融機関の在りかたを提起してこられました。
 日下氏は「金融機関の不良債権をあぶりだすためにつくられた金融検査マニュアルは、財務内容だけで企業を評価し、金融機関の融資行動を委縮させ、企業だけでなく地域のためにもならなかった」ことを指摘。また、「金融機関の主な資産は企業向けの貸出金であり、中小企業の負債の大半は金融機関からの借入金。したがって、中小企業と金融機関は融資によってバランスシートがつながっており、この関係を良くしていくことが企業を良くしていくことにつながる。金融検査マニュアルは廃止されたが、企業の事業性を正しく評価する力が金融機関に求められるようになった」と話しました。

 続けて、「金融機関は企業の事業をどう評価するか。一つは財務諸表による財務分析で、標準化されている。もう一つは知的資産の分析で、人的資産、組織的資産、関係資産など、標準化されていない。例えば、損益計算書では売上アップの数字は分かるが、なぜ増えたのかは分からない。製品・サービスが向上して増えたのか、営業努力で増えたのか。財務諸表の評価に加え、知的資産も正しく評価して企業価値を高めていく努力が金融機関に求められている」と説明。

 その具体例として「①金融機関の営業店の職員が企業に経営のニーズや課題を問いかける、②企業から事業情報(知的資産)を引き出し、評価情報に変える、③それを本部にあげると同時に企業にフィードバックする、④企業と金融機関の認識を一致させ、事業性評価に基づく融資を実行する、⑤場合によってはコンサル機能を発揮する。こうした一連の動きを丹念に繰り返すことで、金融機関は融資によって企業価値を高めていくことができる」ことを示しました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2022年 5月 の記事一覧

<画像の説明>備後一宮吉備津神社(福山市新市町)  創建大同元年(806年)、地元では一宮(いっきゅう)さんとして親しまれています。福山城築城400年の本年、改修工事が終了し、朱色の美しい本殿が姿を現しました。 <今月の…

>続きを読む

講師 松下 仁 氏 (㈱ジェイ・スマイル 代表取締役) ■サラリーマン時代の苦悩と学び  ジェイ・スマイルは安佐北区高陽町にて二店舗のコンビニエンスストア運営を行っている会社です。学生時代に、コンビニでアルバイトをしてい…

>続きを読む

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む
トップヘ