同友ひろしま/2022年/5月/News

県政策委員会の活動①  県の新施策~リスキリング推進企業応援プロジェクト

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。
 リスキリングとは、産業構造の変化など経営環境の変化に対応できる人材を社内で育成(新たなスキルや知識を習得)することです。例えば、製造業では機械化・自動化が進むことによって手作業が少なくなり、プログラミングや機器操作などが必要になります。小売業では、ECサイトの導入によって実店舗での販売業務が少なくなり、ECサイトのシステム構築やウェブマーケティングや配送プロセスの構築などが求められることになります。
 こうした新しいスキルや知識の習得のために、社外の教育プログラムなどを活用していく企業を支援しようというのが県の新しい施策で、手始めにITパスポート取得支援事業が始まりました。ITパスポートは情報処理の初級の国家資格で、県の施策はITパスポートを取得するための講座受講料の一部(一人二万円)や受験料を補助するというものです。
 
 デジタル化やDX化にどう対応してよいか分からないという企業は、まず社内のIT対応力を高めることを考えて、この制度を活用してはいかがでしょうか。詳しくは、Webで「広島県ITパスポート取得支援補助金」をご覧ください。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2022年 5月 の記事一覧

<画像の説明>備後一宮吉備津神社(福山市新市町)  創建大同元年(806年)、地元では一宮(いっきゅう)さんとして親しまれています。福山城築城400年の本年、改修工事が終了し、朱色の美しい本殿が姿を現しました。 <今月の…

>続きを読む

講師 松下 仁 氏 (㈱ジェイ・スマイル 代表取締役) ■サラリーマン時代の苦悩と学び  ジェイ・スマイルは安佐北区高陽町にて二店舗のコンビニエンスストア運営を行っている会社です。学生時代に、コンビニでアルバイトをしてい…

>続きを読む

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む
トップヘ