同友ひろしま/2022年/5月/News

新入社員研修2022  県内三会場 58社104名で開催

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。
 同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実行委員会を立ち上げ、共同して研修を実施します。当日のスタッフはもちろん、経営者が中心となり、自社・他社の新入社員を問わず全力で関わるのが特徴です。
 以下、各会場での研修の模様を紹介します。

●安心・安全な場をつくる(広島会場)

 広島会場では、野村洋介実行委員長(㈱タイヨーパッケージ 代表取締役)のもと、4月4日~5日の2日間の研修がワークピア広島にて開催されました。新型コロナ感染症の影響による2020年度からのオンライン開催への変更から、3年ぶりのリアルでの開催となりました。
 これまでの2泊3日のカリキュラムから、アイスブレイク、社会人になるとは?先輩社員の体験談、ビジネスマナーの基本、マナー研修(ロールプレイング)、チームビルディング、目標実現計画(Ⅰ~Ⅲ)の八つに再構成し、グループワークを通じて研修生らが主体的にワークに取り組み、学びをアウトプットする内容としました。
 研修生からは、「どのカリキュラムも楽しくて充実した内容。中でも社長からお手紙が非常に嬉しかった。」「多くの社長や社員の方々に笑顔で迎えられ、ワーク中も優しく声をかけられ緊張が解けた」等の感想がありました。「安心・安全な場をつくること」をスタッフの姿勢として、二日間、参加企業全社がスタッフとして研修生との距離を縮めながら、一丸となり関わった研修となりました。

●仕事を進めていく上で大事なこととは(呉会場)

 呉会場は、呉と東広島の支部が合同で、グリーンピアせとうちにて、感染対策を施して、4月4日~6日の2泊3日での開催となりました。
 呉会場の特徴的なカリキュラムは「委員会活動」です。リーダー、研修、時間、あいさつ、フレンドマナーの5つの委員会のいずれかに全員が所属します。各々の役割と責任を果たし、全員の力で研修を成功に導くしくみです。
 委員会活動の最初は、何をするのか、求められるものは何か、試行錯誤しながら考えていきます。「正解」はありません。研修生同士の話し合いから、時間を経るごとに明確になっていきます。経営者スタッフも、温かく見守ります。失敗も成功もすべて糧にして欲しいというスタンスです。
 「お互いの意見を出し合ううちに、具体策が見えてきた」「失敗の原因を考え、次にどう成功に繋げるか。優先順位をつけることや情報共有の大事さを学んだ」、「仕事に対する姿勢を学べた」という研修生の感想が印象的でした。

●Dream Come True(福山会場)

 福山会場は、4月4日~5日の2日間、県民文化センターふくやまでの開催となりました。新型コロナ感染症の感染状況を鑑み、昨年度に引き続き、日帰りでの研修となりました。
 研修では、他己紹介、コミュニケーションゲーム、マナー研修、働くとは、報連相の仕組み、給料はどこから?会社の仕組み、将来設計(PDCA)の7つのカリキュラムを実施しました。最後は全員が「3ヵ月後の私」を発表し、閉会式では原田実行委員長(㈱ニホンケミカル 代表取締役専務)より修了証書が授与されました。
 新入社員からは、「他の人の考えを聞くことが出来てよかった。」「新入社員として、社会人としての心構え、意識を持つことが出来た。」、経営者からは、「たった二日間なのに大きな成長が見て取れた。」等の気づきが挙げられました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2022年 5月 の記事一覧

<画像の説明>備後一宮吉備津神社(福山市新市町)  創建大同元年(806年)、地元では一宮(いっきゅう)さんとして親しまれています。福山城築城400年の本年、改修工事が終了し、朱色の美しい本殿が姿を現しました。 <今月の…

>続きを読む

講師 松下 仁 氏 (㈱ジェイ・スマイル 代表取締役) ■サラリーマン時代の苦悩と学び  ジェイ・スマイルは安佐北区高陽町にて二店舗のコンビニエンスストア運営を行っている会社です。学生時代に、コンビニでアルバイトをしてい…

>続きを読む

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む
トップヘ