活動レポート/県東部エリア/News

「決断と覚悟〜人生一度きり そのままでいいのか〜」福山支部J地区会

■報告者:サークルベース 住吉 謙一朗 氏

■日時:10月19日(水)
■会場:市民参画センター
■参加者数:33名

会場に集まってお互いに顔を合わす久々のリアル例会でした。
報告者の住吉氏は3月に起業したばかり。熱狂的なファンを有する軽自動車「ジムニー」に特化した販売戦略と、これからのビジョンを語っていただきました。

住吉氏は現在36歳で13年間車関係の勤務を経て今年3月に独立開業されたばかりです。ただし住吉氏は前職に勤務していたときから経営幹部として中小企業家同友会福山支部に入会されており、本例会では経営者としてのはじめての発表でした。そのため本例会には同友会青年部の面々も8人ほど応援に駆けつけていただき始まる前から熱気むんむんの様相を呈していました。

その住吉氏の発表の前半は大学時代に予想だにせぬ彼女の妊娠から学生結婚に至り、卒業後はただひたすら家族を養うために必死に働き、そんな中、ひょんな縁で中小企業家同友会福山支部に入会することになり、様々な思いを持った経営者や青年部での活動から、住吉氏自身の起業家精神に火が付き一念発起するに至ったという内容でした。
後半はジムニーに特化した販売戦略についての話でした。市場性は確かに感じるところはありました。しかし正直、計画はまだまだ甘く「このあとの質疑応答で突っ込まれそうだな~」と思っていたら案の定厳しい意見をいただくこととなりました。例えば、特化する覚悟の度合いは?営業利益の根拠は?そしてもっと厳しかったのは経営者としての人間性は?などなど…。

それもこれも氏が、ここまで同友会で培ってきた人間関係と仲間に愛されている背景があるからこそ、ここまで言っていただけたのでしょう。
すでに同友会に仲間がいて起業する。そして発表したその日から仲間から厳しくも暖かく時にはお節介も焼いてもらえる。住吉さんは起業したばかりとは言え確かなアドバンテージをもっていると確信しました。私もこれからは住吉さんを厳しく応援していこうと思います!

記:岩瀬商店(株) 岩瀬 茂揮

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県東部エリア の記事一覧

■報告者:(株)アドバンス 井上 智弘 氏 ■日時:10月21日(金) ■会場:ローズコム (株)アドバンスの事業内容は障害福祉サービス業で起業して3年目、今現在は新涯エリアに児童発達支援、放課後デイサービスと3店舗を運…

>続きを読む
トップヘ