活動レポート/2018年/6月/News

「福山支部初!高校の先生との懇談会」(福山支部求人社員教育委員会)

■報告者:㈱オーザック 専務取締役 岡崎 瑞穂 氏ほか
 5月23日、求人社員教育委員会にて「福山工業高校&福山商業高校バスツアー&懇談会」を行い、先生をお招きし福山同友会でもおなじみの人を活かす経営の3社 日鐵鋼業㈱、㈱カワムラ機工、㈲広島金具製作所にお邪魔させていただきました。
 写真撮ったり、会社の見学 社内環境の整備状況 新卒採用に向けての取り組み等々を3社バスで回りながら説明し、教員の方に会社見学を行いました。
 中でも見学中に先生方が写真を撮り、社員さんの話を真剣に聞いている姿がすごく印象的で、中小企業に訪問することがあまりない先生方がこの企画を通して、中小企業への理解が深まったのではないかと感じました。

 次に事務局での懇談会では㈱オーザック 専務取締役 岡崎 瑞穂氏による「同友会人材育成の取り組み」と題しまして、現在の新卒採用の取り組み、昔新卒採用に取り組んだが、上手くいかなかったお話や、離職率を下げるための取り組みを行ったお話をして頂きました。この報告も先生方は、企業の取り組み、経営者の姿勢、同友会での人を活かす経営を感じていただけたのではないかと思います。

 3年間大事に育てた生徒がいい会社に就職できるように、と考える先生が多く、新卒で入る会社はやはり、良い会社がいいと感じているようで、岡崎専務の話をメモを取りながらしっかり聞いている姿に真剣さを感じました。
 報告後テーブル討論では、学校と企業が連携し情報交換して少しでも良い会社に生徒が巡り合えるようにしたいという話や企業側からも、共育について3年間の学生生活の中で、「なぜ働くのか」という問いを考え生徒に働く楽しさや、働く意味を伝えてほしいという意見があり、なるべくミスマッチのないような就職活動が行われることが一番望ましいのではないかという意見が出ました。意見交換も、少ない時間ながら、沢山の意見が出て非常に活発で有意義な時間になったと感じました。

 このバスツアーの取り組みを続けていけば地域の財産でもある若者が輝く地域になるのではないかと感じました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2018年 6月 の記事一覧

報告者:DogHouse・かのん 代表 住吉孝予 氏  女性部会の5月例会は6月7日(木)同友会事務局にて、DogHouse・かのんの代表住吉孝予氏の経営体験報告例会を行いました。2009年に起業され現在ペットサロン、会…

>続きを読む

報告者 行政書士法人ライフ 永戸 康弘氏  中小企業が事業を継続するのか、廃業するのかなどの問題は中小企業が大半を占める日本の課題となっています。その中でも、事業承継は様々なやり方があると思いますが今回は、「信託」にスポ…

>続きを読む

■報告者:㈱プラス 酒井 裕次 氏  経営労働委員会で株式会社プラスの酒井さんの、経営指針を教えていただきました。  その中で「無い物をつくる」と言う言葉があり、聴いてるこちらもワクワクする内容でした。現在酒井さんの会社…

>続きを読む

報告者:㈱エイトコーポレーション 代表取締役 八條 公貴 氏 報告者:㈱サンモルト 代表取締役 小川 真平 氏  5月29日(火)合人社ウェンディひと・まちプラザにて青年部会5月例会が開催されました。  5月例会は今期の…

>続きを読む

 この行事は、求人難の時代に「なんとか新卒を採用したい!」という会員の熱い思いでスタートしました。最初のうちは「うちの生徒は中小企業には行かん」といわれていたそうです。それでも愚直に続けてきました。今では、単に人を採るた…

>続きを読む
トップヘ