活動レポート/2018年/7月/News

「共育セミナー~本当の自分の心を知る心を磨き仕事の成果をあげよう」福山支部求人社員教育委員会

講師:臨済宗高松寺 住職 岡本大観 氏

 求人社員教育委員会では、社員教育の一環として「共育セミナー」を行っています。全4回のうちの第1講は「本当の自分の心を探る 心を磨いて仕事の成果を上げる研修」と題して臨済宗高松寺のご住職 岡本大観氏にお越し頂き、仕事観を見つめ直し今後の仕事を楽しく意義あるものにしていく研修内容でした。
 私はこのお話を拝聴するのは2回目でしたが、お釈迦様やナポレオンヒルのお話は無学な私にはなかなか難しい内容でした。ただ、一般的に安楽と称するものは実は苦しみであり、苦しみと考えられている事こそが聖者にとっては安楽であるという点は、「嫌な事、しんどい事から手を付ける」という当社の指針とも合致する話でした。

 講話の後にプチ座禅のような体験が出来たのはとても貴重でした。人間が意識して自律神経を整える事が出来るのが座禅だそうで、初めての体験でしたが何故か涙腺が緩んでしまう不思議体験でした。
 グループ討論では、「あなたの会社は世の中にどう貢献しているか」「あなたが仕事を通じて会社に世の中に貢献出来ること」を話し合いました。我々経営者は、同友会活動で慣れているグループ討論ですが、参加している各社員さんにとってはとても珍しい貴重な体験です。異業種の社員同士がコミュニケーションをとり、意見をまとめ発表する機会は、通常の業務の中では滅多にないでしょう。共育セミナーの真髄がここにあります。
 各社の社員さんが発表された中で印象的だった発言があります。「長年勤めており、お客様が私に会いに来てくれると感じる。そんなお客様に喜ばれる事が自分の幸せである」と。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2018年 7月 の記事一覧

挑戦的なタイトルで告知した例会でした。 中小企業にとって、ここ数年の悩みは、社員の定着があります。また、社員と会社との労使トラブルもよく耳にします。そこで今回は「働き方改革」について労務的な改正点と実際に経験された実例。…

>続きを読む

報告者:㈲めぐみ 鹿見勇輔 氏、㈱経営クリニック 和田良輔 氏  ますます厳しさを増す経営環境において、中小企業が維持発展し続けるためには、経営者自身の自己変革と経営姿勢の確立、「企業変革」できる組織・「企業変革」し続け…

>続きを読む

講師:備陽史探訪の会 会長 田口義之 氏  福山学の第2講は、前回に引き続き福山の歴史、特に幕末から明治期にかけてを学びました。  前回は福山城の築城までを学びましたが、その後の福山藩10万石は数奇な運命をたどります。最…

>続きを読む

 経営労働委員会では、今回で5回目となる日本銀行との勉強会を開催しました。今回は昨年に引き続き、広島支店から営業課長の伊豆田様を講師にお迎えしました。  テーマは、「変化の波を読み解こう」とし、世界情勢・景気動向を日本銀…

>続きを読む

報告者:桑田三秀税理士事務所 所長 桑田 三秀 氏  今回A地区6月例会は発表者に桒田三秀氏をお招きし、K地区との合同例会を行いました。タイトルは「うまい組織の回し方」、氏が税理士事務所経営で培った経験を基に発表していた…

>続きを読む
トップヘ