活動レポートNews

「同友会に入って変わったコトこれから変えいたいコト~I❤佐伯地区会!」広島西支部佐伯地区会6月例会

報告者 レンタルプリンター 小田樹成 氏

 3年前に代理店として月額定額料金でカラー印刷使い放題のウルトラプリント広島中央を設立。最初は順調に業績が伸びていましたが、急に解約が続きました。安いプランの機械が不評だったのです。その対応にも時間がかかり、またクレームに繋がりました。
 事業を辞めようと思い、同友会退会を報告するはずが、話しているうちに相談もしており、「一人じゃない」「相談できる相手がいる」ことに気付きました。そのときの言葉が、自分にとって前へ進む言葉になりました。「小田君を励ます会」を開いてもらい、色々な方の苦労話を聞いて、自分ももう一度頑張ろうと思いました。
 お客様からヒアリングを行い、機械を選定してその機械をアレンジ、レンタルプリンターの事業も立ち上げました。お客様にも好評です。今では前向きになり、精神的にも強くなりました。今後の課題は、経営理念・指針の作成です。辞めようと相談したのが去年の六月例会の日で、その一年後に自分がまた報告するとは思いませんでした。
 「これが自分にとって決意表明。恩返しがしたい」と、語る小田氏の報告に皆さん感動していました。2017年度佐伯地区会の目標は「困った時に相談できる人間関係を作ろう」。その真摯な気持ちが小組活動を通じ、そういった人間関係が作れたのではないかと思いました。そして、2018年度のスローガンは「歓びを分かち合おう」です。みんなで歓びを分かち合うために、頑張っていきましょう!

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 お盆明けの8月17日、広島西支部障害者問題委員長の宮﨑真さんの会社(㈱ニシキプリント)に、広島県立廿日市特別支援学校の先生方3名をお迎えして懇談しました。  コロナ禍になって1年半。感染対策もわかってきて、業種による差…

>続きを読む

 昨年に引き続き、広島女学院大学と同友会で2~3年生対象のインターンシップを開催しました。期間は8月19日(全体会・初日)~27日(全体会・最終日)の5日間(うち三日を各企業で実習)。参加企業19社で36名の学生を受け入…

>続きを読む

報告者:宮原産業(株) 代表取締役 宮原 正典 氏  経営をする以上、経営者としての終活(事業承継)の問題は、避けては通れません。  報告者である宮原氏には、中学生以下のお子様が3名いらっしゃいますが、すべて女の子であり…

>続きを読む
トップヘ