活動レポートNews

「企業変革支援プログラムを使いこなそう〜あなたを変え、会社を変える第一歩〜」福山支部P地区会

 企業変革支援プログラムといえば、同友会に所属されている方は皆ご存知かと思いますが、実行している人は少ないという現状があります。私も、そして我がP地区も同様でした。では何故なかなか実行が出来ないでしょうか?
 今回のP地区例会は事務局の橋本氏に問題提起者となって頂き、P地区の皆が企業変革支援プログラムを取り組むべく、何故?支援プログラムが出来たのか!から始まり、活用方法の実践として支援プログラムの1・2の一部を抜粋してチェックし、「重要度」「緊急度」「実現容易性」に分ける作業を行いました。
 また、その中から1つだけ「実現計画」を決め、e.doyuの「ひろば」にUPし、半年後に「行動計画チェック表」をもう一度UPすると言う初の試みを行います。

 いつも思うのですが、どれだけ素晴らしい事でも、本当に自分が必要だと思わないことは本気で取り組まないし、身にも付かないと思います。当然、自社の社員の方々も同じかと思いますので、本当に働きたい職場を作って行かねばと今回の例会を通じ、改めて感じました。
 橋本氏は経営判断には「したい事」と「しなければならない事」があると語っていました。また、実践なき知識は学びではないという事も合わせて語っていました。知識で無く、学ぶP地区会として、この試みがどの様な結果になるのか…半年後が楽しみです。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 お盆明けの8月17日、広島西支部障害者問題委員長の宮﨑真さんの会社(㈱ニシキプリント)に、広島県立廿日市特別支援学校の先生方3名をお迎えして懇談しました。  コロナ禍になって1年半。感染対策もわかってきて、業種による差…

>続きを読む

 昨年に引き続き、広島女学院大学と同友会で2~3年生対象のインターンシップを開催しました。期間は8月19日(全体会・初日)~27日(全体会・最終日)の5日間(うち三日を各企業で実習)。参加企業19社で36名の学生を受け入…

>続きを読む

報告者:宮原産業(株) 代表取締役 宮原 正典 氏  経営をする以上、経営者としての終活(事業承継)の問題は、避けては通れません。  報告者である宮原氏には、中学生以下のお子様が3名いらっしゃいますが、すべて女の子であり…

>続きを読む
トップヘ