活動レポートNews

「選ばれる保育園となるための社員との関わり」尾道支部8月例会

08 onomichi2016-09 (1) 8月の例会は高須たんぽぽ保育園園長の中本悠哉さんの発表でした。とにかく熱い人。一緒に働く保育士さん、そして園児に対する思いは強く、その思いがしっかりと伝わる報告でした。

「選ばれる保育園になりたい」という言葉がプレ発表の時より心に残っていました。選ばれるということは園に対して好意を持っている親の子どもが多く入園してくることになります。それは園の方針を理解してくれている人なので、園へのクレームも少なくなり、保育士さんたちがクレーム対応に時間をとられることなく、保育が出来るという良い流れをつくれる。それは結局保育士さんを守ることになる。

08 onomichi2016-09 (2)すごいなあと思いました。保育士さんが働きやすい環境を作るために、給与面や福利厚生等に力を入れながら、コミュニケーションのとれる職場作りにも力を入れ、「人間関係が良く、働きやすい」と保育士さんが言われる職場。働いている人も園に来る人も、みんなたんぽぽのファンになり、集う。そして、互いに育つ環境を作り出している。園長の熱い思いのなせる技です。互いを思い行動することで、良き流れを作り出している職場だと感心しました。社内にも社外にも自社のファンをたくさんつくることが大切で必要なことだと実感した発表でした。

ご自身も子どもさんが生まれてお忙しい中での発表準備。中本さん、本当にありがとうございました。私たちはたんぽぽ保育園のファンになりました。孫は是非たんぽぽ保育園に通わせたいと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

講師:特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター  専務理事  松原 裕樹 氏  去る9月28日、広島東支部の環境経営委員会の勉強会が行われました。講師の松原氏のお話のポイントをご紹介します。   ■SDGsの基本  SD…

>続きを読む

 広島同友会と広島信用金庫さんは連携して、広島修道大学商学部さんの「企業家精神養成講座」に講師を派遣しています。広島信用金庫さんは事業計画の策定の仕方を教え、同友会は経営者の心意気を伝えるのが役割です。  担当教官の木村…

>続きを読む

講 師:特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター 専務理事・事務局長  松原 裕樹 氏  9月30日Zoomにて政策環境委員会さんと女性部会で合同勉強会が行われました。  講師は(特非)ひろしまNPO センターの松原氏で…

>続きを読む
トップヘ