活動レポートNews

「会社激変!タテイシに学んで実践した経営指針発表会」福山支部S地区会1月例会

2017-02fukuyamaStiku (2)

 S地区1月例会は昨年10月に経営指針発表会を行われ社内がガラッと変わったと感じられている、高橋工芸㈱専務の高橋和希氏と、その変わる様を間近で見られていた右腕の井上拓也氏、そして高橋氏をよく知る、前岡範行氏に本音を引き出してもらうべく、3名で経営指針発表会の前と後について報告していただきました。
 この例会が立案されたのは高橋氏の発する言葉が変わってきたからでした。㈱タテイシ広美社での経営指針発表会へ参加され社員さんの活気を感じ、その場で「自社でもやります」と宣言。その通りその後自社でも行われました。その後から高橋氏の話す社内の様子がガラッと変わり、現在では「朝会社に行くのが楽しい」と話されています。

2017-02fukuyamaStiku (1)

 その変化する社内を社員さんの目線で聞かせていただきたく、井上氏にも例会に参加していただきました。例会当日は、以前の高橋工芸の様子を話していただいたあと、経営指針発表会を行ってからの変化を話していただこうと井上氏に振ると、「みなさん経営指針を発表されたからと言って、社員の気持ちがそんなすぐに変わると思います?大きな変化を私は感じていません。」と、激変した様を聞こうと参加されているみなさんが、凍りつくような本音を話してくださいました。その後の井上さんの話では、「社員はみんな作業をしているので、それなりに改善すべき事や新たな作業手順、仕事に対する思いは持っています。ただそのことを自ら上司に対して発信しようという意思や、その必要性を感じるには至っていない。だから経営指針発表を終え、一人ひとりが意見を出し合う場を作ってくれたことはこれから高橋工芸が変わっていくための土俵を作ってもらえた。発表をすることではなくて、その後どうしていくかが大事な事だと思う。」と話していただけました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

報告者:大阪同友会  川田 昭宏 氏 (川田紙工㈱ 代表取締役) ●会社概要  川田紙工㈱は昭和23年2月に祖父が創業し、祖父が35年、父が30年、私が6年代表を務める創業71年の会社です。私は3代目社長になります。平成…

>続きを読む

報告者:㈱賀陽技研 代表取締役社長  平松 稔 氏(岡山)  岡山同友会 吉備高原支部から参りました、㈱賀陽技研 平松と申します。わが社は、うすい金属の板をプレス機を使って切ったり曲げたりする金属加工業です。プレス機に必…

>続きを読む

●恒例の高校の先生方との懇談会  この行事は5月と10月の年2回開催されています。  呉支部では、共同求人活動の一環として、約30年にわたり続けてきました。  東広島支部では、呉の懇談会への参加がきっかけで2015年から…

>続きを読む

 去る9月26日、5回目となるBingo Job Labを福山大学で開催しました。これは学生に職業観・仕事観を養ってもらう事、地元中小企業の魅力を伝えることを目的にしたもので、福山大学主催で同友会福山支部が協力する形で行…

>続きを読む

訪問先:平林金属㈱(岡山市)   去る9月27日に開催され、呉支部の会員19名が参加しました。  見学先である平林金属㈱さんは昭和31年の創業です。同社の強みは、徹底した再資源化システムで、世界に誇る高品質のリサイクル原…

>続きを読む
トップヘ