活動レポートNews

「呉未来学~自分たちの未来は自分たちで考える <第⑥講>『呉市の空き家の状況は?』」呉支部

2017-02kuregaku

 呉未来学第6講「『住んでて良かった』と言われる呉にするために必要なこと~住環境から考える」と題し、呉市 都市部 参事補 坂井学氏に、ご講演頂きました。当日は会員18名、金融機関から8名の参加がありました。

 大きなポイントは、呉市の空き家状況でした。平成25年総務省「住宅・土地統計調査」から推計すると、呉市の空き家率は、22.1%。ただ、この数値は抽出調査による推計値のため、どこに空き家があるのかまではわらないのだそうです。このため、利活用・適切な管理促進のために空き家の持ち主を特定し、実際の利用・管理状況や意向をつかむために、実態調査アンケートを実施されました。結果によれば、一戸建て空き家総数は4872戸、うち老朽空き家は356戸。
 空き家の発生要因は、「人口が減少しているにもかかわらず世帯数が増えた」、「貸家ではなく持家の割合が高い」、「中古住宅の取得が新築に偏り中古住宅での取得が少ない」、「寿命が延びたため持主が入院・施設入所・亡くなって実家が空き家になる頃には子どもたちは独立して持ち家を持っている」。故に、2035年頃には、空き家が大量発生する可能性があるというお話が衝撃的でした。

それを踏まえた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の方針は、定住・移住の促進×中古住宅の流通促進。その具体的施策である助成事業などの紹介もありました(最新情報は「呉市 住宅政策課」のHPをご覧ください)。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ