活動レポートNews

「商工会議所の活用術」福山支部S地区会

 2月例会のテーマである商工会議所とは私たちが思っている以上に地域に密着し、尚且つ、いろいろな情報の集まる所であることがわかりました。そもそも、商工会議所とは民意(商工業者の声)を国の政策に反映する為に明治11年に設立された。以来、商工会議所は行政に意見をする重要な役割を担ってきました。
 本日の商工会議所の活用術ということで、経営向上の手助けとなる補助金などをタイムリーに教えてくれ、会社の状況(どんな事に困っているか)に応じて多種多様なものがあり金額も違えば、期間も違い、時期によって旬というものが有り、それぞれの補助金の申請期間は2〜3ヶ月といった短いものであることが分かった。なので、その自分の会社にあった補助金を見つけるには、やはり商工会議所との連携が必要不可欠であることが再認識できました。
 続けて、経営革新計画・経営力向上計画の話に移ったのだがここでもやはり補助金との関連性で、補助金を申請するには経営革新計画・経営力向上計画が必要になってくるのである。今、自分の会社がどういう状況なのか、これからどうなって行きたいのか、そのためには何が必要でどういうやり方をして行きたいのか、などを明確にしておかないとこの経営革新計画・経営力向上計画は作成することができないのである。あわせて、経営力向上計画を実際に作成した下垣内基文氏もこの計画書作成の重要性をひしひしと感じておられ、自社の問題点、弱み、強みなどを再認識できた、是非やるべきだと訴えておられました。この計画書を作成することが自社の経営力向上のスタートラインと考え、皆様も実施されて見て下さい。
 最後に、商工会議所に対する考え方がこれまでとは全く変わり、もっと活用すべきであり、もっと頼り(変な言い方ですが)にしたいと思いました。そしてやはり経営力向上には、自社をもっと分析し明確にして目に見える形にしなければならないことがわかりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ