活動レポートNews

『 経営危機!!からのV字回復!~すべては経営計画から始まった~ 』広島東支部 南①A4班例会

 今回は、株式会社ニムラの二村社長に、経営計画をテーマに自らの経験を語っていただきました。
 二村社長は25歳の頃から現在の屋根の工事に携わり、31歳で独立されております。
 話の内容は約6年前、不景気と、リーマンショックの影響で、経営危機に陥ったことから始まります。
赤字が膨れ上がり、このままでは倒産してしまうといった危機的状況でしたが、このまま何もせずに会社を潰してしまうのは嫌だ!と、ある団体の経営計画書を作成する勉強会に参加。そこから、毎年欠かさず経営計画書を作成し、実践、達成近づくよう日々努力しているそうです。
 現在では、自分だけで計画書を作成するのではなく、社員全員で計画書を作成し、社員全員でそれらを共有し、目標を達成できるようにと日々格闘しているとのことです。それが、次第に社員教育という部分で、社員さんの意識も向上し、営業成績も良くなってきているとのことです。
 また、今回、二村社長からでたお話で、印象的だったのが、『社員の幸せの為に』といった言葉が非常に印象的でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ