活動レポートNews

『 経営危機!!からのV字回復!~すべては経営計画から始まった~ 』広島東支部 南①A4班例会

 今回は、株式会社ニムラの二村社長に、経営計画をテーマに自らの経験を語っていただきました。
 二村社長は25歳の頃から現在の屋根の工事に携わり、31歳で独立されております。
 話の内容は約6年前、不景気と、リーマンショックの影響で、経営危機に陥ったことから始まります。
赤字が膨れ上がり、このままでは倒産してしまうといった危機的状況でしたが、このまま何もせずに会社を潰してしまうのは嫌だ!と、ある団体の経営計画書を作成する勉強会に参加。そこから、毎年欠かさず経営計画書を作成し、実践、達成近づくよう日々努力しているそうです。
 現在では、自分だけで計画書を作成するのではなく、社員全員で計画書を作成し、社員全員でそれらを共有し、目標を達成できるようにと日々格闘しているとのことです。それが、次第に社員教育という部分で、社員さんの意識も向上し、営業成績も良くなってきているとのことです。
 また、今回、二村社長からでたお話で、印象的だったのが、『社員の幸せの為に』といった言葉が非常に印象的でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 お盆明けの8月17日、広島西支部障害者問題委員長の宮﨑真さんの会社(㈱ニシキプリント)に、広島県立廿日市特別支援学校の先生方3名をお迎えして懇談しました。  コロナ禍になって1年半。感染対策もわかってきて、業種による差…

>続きを読む

 昨年に引き続き、広島女学院大学と同友会で2~3年生対象のインターンシップを開催しました。期間は8月19日(全体会・初日)~27日(全体会・最終日)の5日間(うち三日を各企業で実習)。参加企業19社で36名の学生を受け入…

>続きを読む

報告者:宮原産業(株) 代表取締役 宮原 正典 氏  経営をする以上、経営者としての終活(事業承継)の問題は、避けては通れません。  報告者である宮原氏には、中学生以下のお子様が3名いらっしゃいますが、すべて女の子であり…

>続きを読む
トップヘ