活動レポートNews

「中小企業にでもできる エネルギーシフト」福山支部政策環境・地球環境・地域内連携推進委員会

 3月3日(金)に私達にもできるエネルギーシフトの講習会が、講師に中同協 池田泰秋事務局次長をお迎えし、Rim福山でおこなわれました。 当初は事務局でおこなわれる予定でしたが、予想以上の参加希望者で会場を急遽変更した状況で、皆さんの関心の高さを感じる講習会となりました。
 エネルギーシフトは、何か大きな事をしていくというイメージがあり、自分たちでできる事って何があるのかと思っていました。深刻化する地球環境問題から始まり、なかでも地球温暖化による海面上昇で長期的に環境が改善されずこのまま行くと、福山市の中心部はほぼ水没してしまうと予想されています。現在の生活に慣れている私達は、この危機的状況には無頓着すぎるのではないかと思います。私達は身近にできることから一つ一つ努力を積み重ねていくが惨事を防ぐことにつながっていきます。悪化する環境問題を真剣に考え環境経営を実践されている企業があり、実例をまじえて紹介していただきました。
 この講習を終え感じたことは、周辺環境を良くしていくことは大きな事を一度にしていくのではなく、私達の身近なことから徐々に改善し積み重ねていくことが大切であると思い、自分たちの時代だけではなく、これからの未来を作っていく子供たちのためにも改善に向け努力が必要だと思いました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む

 S地区の2月例会は、「自社を知らずして経営戦略は立てられない ~クロスSWOT分析をやってみよう~」というテーマで、㈱内海機械の代表取締役、S地区会長の内海氏に15分ほど講演して頂き、その後、実際に各テーブルに分かれて…

>続きを読む
トップヘ