活動レポートNews

「新年度の税制改正のポイント」福山支部政策環境委員会

  政策環境委員会は、中小企業経営を取り巻く経営環境の変化、特に制度の問題に光を当てて取り組みを進めています。
 今回は毎年恒例の「税制改正」を取り上げ、本年度の税制改正のポイントを、桒田三秀税理士事務所の桒田氏から学び、自社で気を付けるべき点、自社に活かす点を考えました。本年度、税制について大きく変わることはないようですが、特に現在の政府は、「攻めの経営」に対する様々な減税策も進めているようです。
  今回の勉強会の中で自社で実践しなければならないと思ったのは経営強化法でした。経営強化法とは自社の強みや課題を分析し、見直すと共に国に申請すると補助金を受ける際に加点要素となり、将来的に入札の際にも有利になる可能性もあるようです。S地区では、3月例会で府中商工会議所の協力のもと、この経営強化法について勉強しました。府中商工会議所では中小企業によるこの経営強化法の取得申請を全力でバックアップしてくださるとのことで、S地区では今年度20社の取得申請を目標に取り組んでいきます。
  来年度は税制改正に動きがあるようです。例えば役員報酬1000万を超えると控除が得られなくなるなど知っておかないと、知らないうちに所得税が上がってしまったということにもなりかねません。その他にも扶養配偶者控除が現在103万のところを150万まで控除対象になるなどの税制改正もあるようです。
  年々変わる税制について日々勉強することは大切なことで、わからない時、困った時に気軽に聞けるブレインを見つけておくことが経営者として大切なことなのではと㈱オーザック 岡崎社長が締めくくられました。 
  今後も改正ポイントを学び、自社経営を有利に進めるよう、学んでいきたいと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ