活動レポートNews

「あいサポート勉強会・福山北特支企業参観日」福山支部バリアフリー委員会

 6月のバリアフリー委員会では10月の障害者問題全国交流会に向け、障害に対する基本的なことから学ぼうと、あいサポート運動の勉強会を行いました。
 このあいサポート運動は、障害者理解の啓発をめざし、鳥取県からスタートした運動です。聴覚障害とはどんな障害で、まわりの人はどんなサポートが必要なのかなど、障害の特性にあわせた支援について学びました。
 また、6月22日には広島県立福山北特別支援学校の企業参観日が開催され、福山支部からは10名の会員が参加しました。
 授業参観では高等部を中心に、食品加工や木工、洗車や農業など13の授業を自由に見てまわりました。洗車の授業では抽選で2名の車を生徒さんが手洗いしてくれることもあり、参加者が早速応募していました。
 授業参観に続いては、高等部3年生職業コースの生徒さんによる発表が行われました。自分たちで作ったパワーポイントを表示しながら、職場実習の様子や学んだこと、3年生になって身につけたいことなどを一人ずつ発表しました。一人ひとりが働くことに対して一生懸命に考えて発表する姿に、参加者一同、熱心に耳を傾けていました。
 参観日の中でも特に人気だったのが、「フッキーカフェ」の体験です。300円で生徒さん手づくりによるケーキとドリンクのセットが楽しめます。カフェはお客さんのご案内から注文、レジの対応まで生徒さん自身が行っています。福山北特別支援学校では、木曜日の午前中にカフェと洗車の営業を行っています。ホームページで営業日をご覧いただき、体験されてみてはいかがでしょうか。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ