活動レポートNews

障害者を知ることから始めよう〜障全交に向けての学び〜 福山支部P地区

 障害者雇用というと、難しそうな印象が先行して、まだまだ自社では取り組めないなぁとお考えの方も多いのではないでしょうか?では、障害者と健常者は何が違うのでしょうか?今回のP地区例会はそんな切り口から、建内バリアフリー委員長より障害者・障害者雇用の現状と実態を発表していただきました。
 知っているようで知らない障害についての説明や、得意な事や苦手な事。現在の人口に対する比率・今後の国の方針など、色々な視点から改めて聴かせて頂き、自分の固定概念やめんどくささから、思考すること自体をしていなかったのではないか?と自問する良いきっかけとなりました。
 どんな事でもなのですが、知らないからやらない、できないでは物事は前に進みません。先ず、知ること・関わる事からスタートすれば、そんなに難しい話ではないのかも知れません。
 企業として障害者雇用に取り組む事で、健常者にもよい社内環境を整える事ができる。会社の仕組みなど、個人のスキルに依存している部分を明確にすることで、新卒雇用にも役立つ。教育を通じて現メンバーの人間力向上にも繋がる…などのメリットもあるそうです。
 今回の例会を通じ、結局は「人」と「人」との関わりであり、健常者と障害者の間にそれほどの差はなく、その人にあった仕事と、どのように出会うかが大切なのだなと感じました。
 10月19日・20日に福山で障全交が行われます。折角の機会ですので、今回の学びを復習しながら全国の経営者の方と学びあえるのを楽しみにしたいと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ