活動レポートNews

認知症サポーター養成講座 福山支部女性部

 認知症とは、脳にさまざまな障害が起こり生活する上で支障が継続している状態を指します。認知症を引き起こすおもな病気としてアルツハイマー病・レビー小体型認知症・前頭側頭型認知症・脳血管性認知症等があります。
 「認知症サポーターは『なにか』特別なことをする人ではありません。認知症の人やその家族の『応援者』です。『認知症という病気になった人』の本当の心を理解することは容易ではありませんが、認知症の人の隠された悲しみの表現であることを知っておくことは大切です。こころのバリアフリー社会をつくることが認知症のサポーターの役割です」と、とてもわかりやすく説明していただきました。
 私も介護の仕事をさせていただいていますが、常に「笑顔と真心を大切にしよう」の理念に基づき対応しています。笑顔で心に寄り添い自分なら今どう思うだろうと常に利用者様の立場になり考えております。又、家族の方のストレス解消も必要と考え常にコミュニケーションを取り、リフレッシュされることをお奨めし、地域皆で支え合っていきましょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

12月A地区例会は、地区会員でもあります、㈱オーザックの岡崎隆社長に「働き方改革」に関する実践報告をしていただきました。  ここ数年「働き方改革」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、岡崎社長の会社では、十数年前か…

>続きを読む

   D地区12月例会は、㈲池永会計事務所 池永章氏を講師としてお招きし、事業承継をテーマにご講演いただきました。  近年、子を中心とする親族内承継が困難となり、中小企業の事業承継の形態が多様化し親族外承継が増加してきて…

>続きを読む

 経営労働委員会で勉強会を開催しました。  経営指針書を作成する第一歩、経営理念編「この話であなたは変わる」~経営理念で会社が変わった~をテーマに菅原汽船㈱代表取締役の菅原 博文氏に体験報告をしていただきました。  体験…

>続きを読む
トップヘ