活動レポートNews

個人経営者が経営計画を作成してどうなったか? 広島中①地区会

 9月の中①地区会の例会は、古川ガラス建材の古川さんに「個人経営者が経営計画を作成してどうなったか」というテーマで報告頂きました。
 同友会で経営指針書を作成された時はA4用紙2枚からスタートされたそうです。奥さんと息子さんの3人で経営されていますが、3人いれば3通りの見方があり、奥さんと一緒にいても実際に話をしているとズレがあることが作成過程でわかったそうです。
 グループ討論では、「なぜ経営指針を作らないか」というテーマで、作成済みの会員さんとそうでない会員さんとで意見交換がありましたが、一人だから必要性を感じない、文章にするのがおっくうという意見が出ていました。しかし作ることで、自社分析他社分析ができ、事業を進めやすくなるという作成済みの会員さんの意見も出ました。
 最後のグループ発表では、藤本地区会長が一度作ったままの経営指針を今年中に作り直し、発表するという宣言をされました。8月例会からの継続ですが、「作っていない人が成文化する」という目的が一つ達成できて安心しました。
 古川さんの経営指針はシンプルでわかりやすく作られているので、非常に参考になり、なるべくシンプルでわかりやすいものを追求していきたいと感じました。まだ作られていない方も、まずはA4用紙1枚からでも作られてはいかがでしょうか?
 また古川ガラス建材は「開口部のプロ」であり、ガラス屋さんではないということで、サッシやドアやパーテーション、それに付随してセキュリティにも対応されています。皆さんも一度HPを見に行かれてはいかがでしょうか?(「古川ガラス建材」でググると出てきます)うちの会社もガラスや鏡の修理をお願いしていますが、本当にいい仕事をして頂き大満足です。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

12月A地区例会は、地区会員でもあります、㈱オーザックの岡崎隆社長に「働き方改革」に関する実践報告をしていただきました。  ここ数年「働き方改革」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、岡崎社長の会社では、十数年前か…

>続きを読む

   D地区12月例会は、㈲池永会計事務所 池永章氏を講師としてお招きし、事業承継をテーマにご講演いただきました。  近年、子を中心とする親族内承継が困難となり、中小企業の事業承継の形態が多様化し親族外承継が増加してきて…

>続きを読む

 経営労働委員会で勉強会を開催しました。  経営指針書を作成する第一歩、経営理念編「この話であなたは変わる」~経営理念で会社が変わった~をテーマに菅原汽船㈱代表取締役の菅原 博文氏に体験報告をしていただきました。  体験…

>続きを読む
トップヘ