活動レポートNews

こんな会社にしたい!という思いを、経営指針にしてみました~社長就任までX年? 明治2年創業の呉服店の次期社長が考える我が社の理想像〜広島中支部中③④地区会

 去る9月20日、標記例会で、株式会社髙橋呉服店の髙橋信善さんに、経営体験報告を行っていただきました。
 髙橋呉服店は、明治2年創業、現在の代表者(父)が5代目という歴史ある会社です。同社の沿革、戦時中の苦労話等を交え、髙橋さんの、着物呉服業の市場を拡大したり利益を拡大していきたいというよりは、「良いものを求める目を持った今あるお客様に対し正直に向き合い、大切にしていきたい」という理念や会社の伝統、そして着物や白生地の特殊性・面白さについて、着物に用いられる様々な生地の実物を見せていただいたりして語っていただきました。
 グループ討論では、外国人に対し着物の良さをアピールしてはどうか、現代表者(父)から事業承継してもらうためには、自分が代表者になったとき何をしたいのかを明確にすべきではないか、業界全体としては売上が先細っていく現状に対しもっと危機感を持つべきではないか、近い将来必ず経営指針を策定してほしい等、建設的な提案や真剣な指摘がなされ、発表者である髙橋さんも参加者も共に学びを得られる例会になったと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

12月A地区例会は、地区会員でもあります、㈱オーザックの岡崎隆社長に「働き方改革」に関する実践報告をしていただきました。  ここ数年「働き方改革」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、岡崎社長の会社では、十数年前か…

>続きを読む

   D地区12月例会は、㈲池永会計事務所 池永章氏を講師としてお招きし、事業承継をテーマにご講演いただきました。  近年、子を中心とする親族内承継が困難となり、中小企業の事業承継の形態が多様化し親族外承継が増加してきて…

>続きを読む

 経営労働委員会で勉強会を開催しました。  経営指針書を作成する第一歩、経営理念編「この話であなたは変わる」~経営理念で会社が変わった~をテーマに菅原汽船㈱代表取締役の菅原 博文氏に体験報告をしていただきました。  体験…

>続きを読む
トップヘ