活動レポートNews

農業的経営で200年企業に~平和建設企業訪問~ 福山支部地球環境委員会

 地球環境委員会の2月勉強会は、昨年9月のEA(エコアクション)21勉強会でミニ報告をお願いした、平和建設さんにお邪魔しました。
 岡田社長は「平和建設は、創業から136年目。しかしそれは過ぎたこと。これからは200年企業をめざして、日々イノベーションに取り組みたい。200年先は、次々代の経営者の時代だろう。でも65年先にどんな会社になっていなければならないかをイメージし、日々イノベーションに取り組むことが大事ではないか」と切り出しました。
 氏が大事にしていることが、「小さな進歩を大事にし、少しずつ積み重ねる」事。時間をかけて、人育てやお客様との信頼関係を構築しようとしています。「遠回りにに見えても、それが目的に一番確実に近づく方法だと思っています」。氏はこうした姿勢を「農業的経営」と呼びます。「大きく立派な木には、しっかりした根があります。その根にあたる部分を大事に育てたい」と語ります。


 環境問題はその一環。社内の省エネを進めるとともに、建設現場の環境保全にも気を配ります。持続可能な社会をめざして取り組みを進めることは、単に経費を下げるだけでなく、企業の信頼性・誠実性(インティグリティ)を示すものでもあります。
 「夜間、付近が暗いので、大回りしている」という近所の方の声を聴いて、会社の3方向にLED電灯を設置しました。「地域の方に支持されない会社は、将来がないと思います」と語る岡田氏。本来の「環境を守る経営」の意味を、再確認させていただいた訪問となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ