活動レポートNews

農業的経営で200年企業に~平和建設企業訪問~ 福山支部地球環境委員会

 地球環境委員会の2月勉強会は、昨年9月のEA(エコアクション)21勉強会でミニ報告をお願いした、平和建設さんにお邪魔しました。
 岡田社長は「平和建設は、創業から136年目。しかしそれは過ぎたこと。これからは200年企業をめざして、日々イノベーションに取り組みたい。200年先は、次々代の経営者の時代だろう。でも65年先にどんな会社になっていなければならないかをイメージし、日々イノベーションに取り組むことが大事ではないか」と切り出しました。
 氏が大事にしていることが、「小さな進歩を大事にし、少しずつ積み重ねる」事。時間をかけて、人育てやお客様との信頼関係を構築しようとしています。「遠回りにに見えても、それが目的に一番確実に近づく方法だと思っています」。氏はこうした姿勢を「農業的経営」と呼びます。「大きく立派な木には、しっかりした根があります。その根にあたる部分を大事に育てたい」と語ります。


 環境問題はその一環。社内の省エネを進めるとともに、建設現場の環境保全にも気を配ります。持続可能な社会をめざして取り組みを進めることは、単に経費を下げるだけでなく、企業の信頼性・誠実性(インティグリティ)を示すものでもあります。
 「夜間、付近が暗いので、大回りしている」という近所の方の声を聴いて、会社の3方向にLED電灯を設置しました。「地域の方に支持されない会社は、将来がないと思います」と語る岡田氏。本来の「環境を守る経営」の意味を、再確認させていただいた訪問となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 11月20日に慶応大学の植田先生を講師に迎えて行った第九講を持って、当初予定していた「福山市の経済と地域活性化を考える会」の全講座が終了しました。  このカリキュラムは、もちろん「中小企業振興基本条例」の制定をめざすも…

>続きを読む

報告者:大阪同友会  川田 昭宏 氏 (川田紙工㈱ 代表取締役) ●会社概要  川田紙工㈱は昭和23年2月に祖父が創業し、祖父が35年、父が30年、私が6年代表を務める創業71年の会社です。私は3代目社長になります。平成…

>続きを読む

報告者:㈱賀陽技研 代表取締役社長  平松 稔 氏(岡山)  岡山同友会 吉備高原支部から参りました、㈱賀陽技研 平松と申します。わが社は、うすい金属の板をプレス機を使って切ったり曲げたりする金属加工業です。プレス機に必…

>続きを読む

●恒例の高校の先生方との懇談会  この行事は5月と10月の年2回開催されています。  呉支部では、共同求人活動の一環として、約30年にわたり続けてきました。  東広島支部では、呉の懇談会への参加がきっかけで2015年から…

>続きを読む

 去る9月26日、5回目となるBingo Job Labを福山大学で開催しました。これは学生に職業観・仕事観を養ってもらう事、地元中小企業の魅力を伝えることを目的にしたもので、福山大学主催で同友会福山支部が協力する形で行…

>続きを読む
トップヘ