活動レポートNews

更新日2018.04.06

縮小する業界の中で、生き残るためにやってきたこと 広島西支部佐伯地区会

○かわの寝具店の強み

 昭和50年に独立して今年で34年目。現在、女性スタッフ主体のお店で、女性スタッフ以外の男性は川野氏一人。9人のスタッフの内15年以上働いているベテランスタッフが半数以上の5人いることが会社で最大の強み!お客様宅にて寝室に入る事があるので、男性スタッフが寝室に入る事に抵抗のあるお客様が多いので、川野氏自身も極力表に出ないようにしているとのこと。今日まで生き残っている理由がそこにあります。

○これからの課題と将来像

 とにかく種をまくことが大切で、ちょっとした出先でも近くのお得意様へ挨拶に伺うなど、種をまくことで将来につなげていくことを心がけています。決して安くはないが品質の良い商品を販売することで、買っていただいたお客様には何十年も満足していただきたいと氏は語ります。

○同友会とのかかわり

 若い頃は自分の為の会社と思い、自分中心で活動していたが、やっと「同友会の3つの唱和」が年を取って理解出来るようになったのでこれからも意識して活動していきたいとのこと。

○最後に

 相談に乗れる布団の専門店として、地域と密着したビジネスモデルを目指しています。眠りと健康という分野でお客様に喜んでもらえるように社員の育成に力を入れていきたい。生活に欠かせない布団。その布団を通して人の健康や豊かな生活と健康な体をつくりたいと言う気持ちが伝わってくる例会でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧
トップヘ