活動レポートNews

金融機関から見た藤本社長の事業計画書~欲しい機械を買う為、社長の決意 〜広島中支部中①地区会

 2月16日18:30 テーマ「金融機関から見た藤本社長の事業計画書」サブテーマ「欲しい機械を買う為、社長の決意」同友会事務局で開催しました。
 中①地区会の参加者は、10名、金融機関3名(広島銀行2名、広島信用金庫1名)他地区会2名 合計15名でした。報告者は、中①地区会長 ㈱東洋ビジネス 代表取締役 藤本隆志氏1978年8月31日生まれ(39才)青森県生まれ広島育ち 2009年代表就任。
 会社説明をされて、なぜ新しい設備が欲しかったのかを、機械の動画上映や、設備資金を融資してもらうための経緯、事業計画内容説明から報告して頂きました。
 なぜ新しい設備がほしかったか?それは、新設備が、紙の手提げ袋を製造する機械だからです(取っ手の紐も自動で付きます)。今までの機械では、取っ手の紐が自動で付かないので、外注加工や手内職で紐付加工されていたそうです。新設備を自社内の保有することにより、外注加工費軽減や顧客対応がしやすくなるために、導入をされたとの事でした。
 藤本社長は企業価値を高めたかったから、大型設備投資を決断されたそうです。真剣に会社の事を考えるきっかけになったそうです。また、金融機関さんには、何度も真剣に事業計画をご説明され、金融機関さんと、何度も検証して、融資をして頂いたとの事です。
 グループ討論のテーマは「金融機関との関わり方」。金融機関の方は、経営者の思いを正直に、本音でお話頂ければ、お役に立てるように頑張られるそうです。
 やはり人対人です。決算書も大事ですが、未来に向かって経営計画書作成や経営者の事業意欲や熱意も大事ですと教えて頂きました。
 私は、人と接する基本を教わりました。また、未来に向かって考えて計画を立てる大切さも教わりました。今後の経営する上での、大変良い勉強をさせて頂いた例会でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 東部エリアの経営労働委員会では、経営指針成文化と実践のための勉強会を1年かけて開催しています。最終講(来年3月)はできた経営指針の発表会を行う予定です。  さて、8月から3回シリーズで行われた経営理念編。第3回の今回は…

>続きを読む

報告者:㈲いっとく 代表取締役 山根 浩揮 氏 報告者:㈱山本屋  代表取締役 山本 浩矢 氏 報告者:㈱山本屋  常務取締役 細谷つぐみ 氏  尾道の商店街を㈲いっとくの山根浩揮氏、㈱山本屋の山本浩矢氏にアテンドして頂…

>続きを読む

報告者:㈲リラックス 代表取締役 國政秀一  現在約330名の従業員をかかえ、2018年には自社ビルを建設するなど事業を急拡大している㈲リラックスの國政秀一社長に経営体験報告をしていただきました。  國政さんは、福祉の仕…

>続きを読む

講師:NPO法人 尾道空き家再生プロジェクト 代表理事 豊田 雅子 氏  9月例会は、6月の女性経営者全国交流会で報告され、活動については各メディアで多数取りあげられた今話題の NPO法人 尾道空き家再生プロジェクト 代…

>続きを読む
トップヘ