活動レポート/2023年/2月/News

更新日2023.03.30

「同友会での成人式~同友会活動と自社の軌跡~」福山支部J地区会

■報告者:(株)備後鈑金 中川 寛之 氏

■日時:2 月15 日(水)
■会場:福山会議室
■参加者数:11 名

(株)備後鈑金は31年前に現会長が入会され、20年前に現会長に代わって中川氏の同友会活動が始まりました。現在、(株)備後鈑金は、ビンゴグループとして、市内に13拠点あり、社員数は77名です。板金・塗装会社から始まり、新車・中古車販売など、トータルカーサービスをお客様へ提供しており、業界地域トップクラスの中小企業へと成長しています。また、コロナ禍の状況下においても右肩上がりの成長を見せています。

中川氏が同友会での学びが必要と感じたのは、家業から企業へと言う思いがあったからだということです。そのような経営の悩みを同友会の先輩方に相談し、教えを請い、真似る(学ぶ)を実践し、毎年、年に一回の事業発展計画を発表されています。

発表会を始めた当初は、会社の変化に戸惑い社員が減る事もあったそうです。しかし、計画発表を通じて社員と共有すること、また、それを続けていく中で、経営指針成文化がいかなる環境の変化にも対応し、会社の成長につながる事を体現されています。

参加された方は、経営指針成文化の必要性を改めて感じたのではないかと思います。同友会での「縁」を大切にされ、外国人実習生を受け入れる協同組合を立ち上げており、同友会メンバーにて構成もされています。また、業界内外を問わず、など多岐に渡り要職を務められ、忙しくされている中川氏から常々「感謝」の言葉が出てこられたのは印象的でした。

記:松原登記測量事務所 松原 圭祐

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2023年 2月 の記事一覧

2月8日~10日の2日間で、県立広島商業高等学校(以下、広商)の2年生約300名のインターンシップが実施され、同友会の会員企業で80名の生徒を受け入れました。 県立広島商業高等学校と広島エリアのインターンシップの歴史は長…

>続きを読む

講師:(株)ワーキンエージェント 藤原 輝 氏 2月14日、広島エリア求人社員教育委員会では経営者対象の男性育児休暇取得推進に係る広島県の出前講座をハイブリット形式で開催しました。広島エリア以外の支部からの参加もあり、1…

>続きを読む

報告者:(株)コシバ 取締役福会長 小柴 繁美 氏 ■開催日:2月27日(月) ■会 場:クレイトンベイホテル ■出席者:120名 右肩下がりの業界の中、小柴グループは右肩上がりで、スーパーへの出店など規模を拡大されてき…

>続きを読む
トップヘ