活動レポート/県西部エリア/県西部エリア全体/News

更新日2023.03.31

「支部長就任1年目の総括と2年目に向けて」 中支部支部長 株式会社エコリューション 塩梅 泰弘

支部長を拝命して、早1年。マスク着用が個人判断となったり、WBCで日本代表が世界一となり明るい話題で日本が元気になって、とても嬉しく思っています。大きな行事が目白押しの2年目も、会員企業のみなさんの経営が良くなることを願って支部活動を続けてまいります。

中支部支部長 (株)エコリューション 代表取締役 塩梅 泰弘 氏

支部長を拝命して、早1年が過ぎようとしていますが、3月13日からマスク着用が個人の判断となりアフターコロナのフェーズに入りました。また、3月22日WBCで日本代表が世界一になり、明るい話題で日本が元気になって、とても嬉しく思っています。

さて、この1年を振り返ると、「同友会に入って良かったと思える中支部を創りたい!」との一心で、

  • 人が育つ組織の仕組を創ります!
  • 同友会理念、ビジョン、方針に基づき、数値目標にコミットします!
  • 時代に合った、戦略、戦術に革新的に挑みます!

この3つを「支部長宣言」とし、支部理事のみなさまと力を合わせて取り組んで参りました。

中でも、会員増強においては、3月23日現在47名の入会。他支部移動や退会もございますが、期首331名から352名と純増21名。
新しく編成した委員会のみなさまを中心に、年2回の支部オープン例会の開催。告知に広島商工会議所へのチラシ同封、メディアへのプレスリリース、SNSでの拡散等による新しい施策による実績を出すことができました。これらの成果は、支部理事のみなさまや地区役員さんの努力と、委員会の方々の協力があったからこそ実現できたものです。

2年目の年度は、なんといっても10月6日広島同友会50周年記念式典。また、青全交や広島エリア合同行事等、大きな行事が目白押しです。

会員数400名に向けて、時代に合った、戦略、戦術に革新的に挑み、また会員同士のつながりを大事にし「もっと逢って、話して、関わって!」会員企業のみなさんの経営が良くなることを願って支部活動を続けてまいります。

同友会は、みなさんが主役の会です。引き続き、積極的な関わりを持ちながら、広島中支部の発展にご尽力いただければ幸いです。また、ご支援いただいた皆様には心より感謝申し上げます。

記:(株)エコリューション 塩梅 泰弘

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県西部エリア 県西部エリア全体 の記事一覧

新型コロナが五類に分類されて以降、初めての広島エリア(中・東・西・北支部)新年互礼会を1月17日にホテルグランヴィア広島にて開催しました。 開会に先立ち、能登半島地震災害で犠牲になられた方々に対し黙祷を捧げました。 例年…

>続きを読む

今年の新年互礼会の第1部では、松井一實広島市長をお招きして、「世界に誇れる『まち』広島~このまちと生きる中小企業家に期待すること~」と題して、講演会が行われました。 60km圏内で進行中の広島市基本構想を中心に話が進み、…

>続きを読む
トップヘ