活動レポート
  • ホーム
  • >活動
  • >第21回地域プレゼンテーション課題2024 開催(尾道支部)
2024.03.22

第21回地域プレゼンテーション課題2024 開催(尾道支部)

2024年3月2日(土)、しまなみ交流館にて第21回地域プレゼンテーション課題2024発表会が開催されました。展示会は、MOU尾道市立大学美術館にて2024年2月22日~3月4日の期間で開催されました。主催は尾道市立大学。実行委員会は、同友会尾道支部を含む、尾道で活動する各団体で構成されています。
 地域プレゼンテーション課題(旧名:地域活性化企画)は、尾道市立大学美術学科デザインコース3年生が尾道や出身地域をテーマに、学生らしいフレッシュな発想や企画を作品展示とプレゼンテーション発表会で提案する企画です。当日の発表会では、選抜された10名の学生がプレゼンテーションを行いました。登壇した学生は、ブラッシュアップアドバイザーによる講評やアドバイスを受けて企画について質疑応答を行い、審査により最優秀賞、優秀賞が選ばれました。

【企画発表タイトル】
「尾道しおさい金米糖」※優秀賞
「PAZ PIECES」
「本、文学のこみち」
「のみち手拭い」
「夢幻」
「スカーフ(京都編)」
「備後弁かるた」
「ようこそ 桂馬蒲鉾商店へ」
「狐湯バスソルト」※優秀賞
「巡りの本棚」※最優秀賞
(記:事務局 橋詰)