活動レポート
  • ホーム
  • >活動
  • >中③④地区4月例会 広島に愛される飲食店を目指して、60年 ~変化を続ける勇気を常にもとう!~
2024.05.07

中③④地区4月例会 広島に愛される飲食店を目指して、60年 ~変化を続ける勇気を常にもとう!~

「変化」をテーマに、広島市内に飲食店と遊技場を展開されている㈱フレンド商会副社長の池田氏にご報告いただきました。創業以来、業種自体は変わらないものの、社会変化や顧客の求めるものに対して様々な業態変化を行ってこられた話や、広島で愛されるためにどのような変化を行ってきたかをユーモアも交えながらお話しいただきました。

■報告者 株式会社フレンド商会 副社長 池田 寛 氏 

■テーマ 「広島に愛される飲食店を目指して、60年」~ 変化を続ける勇気を常にもとう! ~
■日時  2024年4月16日(火) 18:30〜21:00
■場所  広島県中小企業家同友会事務局
■参加者数 33名(内Zoom4名)

 

「変化」をテーマに、広島市内に飲食店と遊技場を展開されている㈱フレンド商会副社長の池田氏にご報告いただきました。

創業以来、業種自体は変わらないものの、社会変化や顧客の求めるものに対して様々な業態変化を行ってこられた話や、広島で愛されるためにどのような変化を行ってきたかをユーモアも交えながらお話しいただきました。

お客様に喜んでもらえることを第一に考え、卸売市場でセリに参加できる買参権を取得されたり、鹿児島の黒豚を一頭買いされたり、「雨後の月」の自社ブランド商品を作られたりして、よりおいしいものを安く提供できるような企業努力をされており、広島に愛されるために常にアンテナを張り巡らしニーズに答えるための思いが伝わりました。

また、働いてもらっている従業員の方々に対する思いも強く、さまざまな福利厚生はもちろんのこと、働きやすい環境やモチベーションが高く保てるような仕組みもあり、また池田氏は現場にも立ち、従業員の方々が身近に感じやすく風通しも良いのだなと感じました。

 池田氏は「変化」について、お客様や従業員にとって一番の最善を考え、ダーウィンの名言「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」を常に頭に入れながら恐れず変化しており、それが出来るのはしっかりとした目標があるからこそだと感じました。

また、懇親会もフレンド商会様の「四季採食えびす坐」で行われ、普段はお店に立っておられる池田氏も共に懇親できたのも印象的でおいしい食事やお酒に舌鼓を打ちました。

本例会のお話を聞いて、より一層同友会でもプライベートでもフレンド商会様の店舗を利用したくなりました。

記:日信防災工事㈱ 山本周