活動レポート
  • ホーム
  • >活動
  • >〜時は来た(北)!最(西)高の仲(中)間達へありがとう(東)を込めて感動とハッピーを届ける卒業式〜 令和5年度広島4支部青年部会合同卒業式    
2024.05.30

〜時は来た(北)!最(西)高の仲(中)間達へありがとう(東)を込めて感動とハッピーを届ける卒業式〜 令和5年度広島4支部青年部会合同卒業式    

開催日時:
2024/04/26(金)
会場:
リーガロイヤルホテル広島
文責者:
広島4支部合同卒業式実行委員長 中支部青年部 (株)RO 大浦 雄陽

昨年に引き続き今年も4支部での合同卒業式を開催しました。
今年のサブタイトルは「Wall Break Connect!」直訳すると「壁を壊して繋がる。」
コロナ禍で支部を超えた交流が中々出来なかった中、2023年広島青年部として間違いなく大きな出来事であった広島開催の青年経営者全国交流会。(青全交)
大成功に導けたのは先輩達が築いてくれた9支部の壁を超えた協力体制であり、我々4支部も繋がり合い共に協力し合うことで最高の卒業式を作り、感謝の気持ちを伝えよう。

そんな想いが込められており、卒業式の方向性を決めていくうえで非常に大事なキーワードとなりました。
(ちなみに頭文字のWBCは2023年日本全体が盛り上がったWBC日本代表優勝にちなんで、その日は日本で一番盛り上がる会場にしようという想いも込められてます。)
各支部でのスケジュール調整をすることも難しい中で何回も委員会での話し合いを重ね、卒業式当日を迎えました。

より印象的だったのが卒業生の先輩方のキラキラとした笑顔でした。まるで学生時代に戻ったかのように肩を組み合い、じゃれ合い、語り合っていた姿は羨ましい限りでした。共に同友会活動の中で切磋琢磨し合い、互いを高め合ったライバルであり戦友である同級生の先輩方は、我々後輩会員に「お前たち後は頼むよ。」と背中で教えてくれているようでした。
そして我々実行委員が大事にしてきたキーワードの1つ「実行委員も楽しもう。」一体感が生まれる参加型余興を次第に入れたのは我々実行委員が楽しんでやってる姿そのものが卒業生の先輩方の喜びに繋がるのではないかと思ったからです。
卒業生退場時の全員でのハイタッチや生演奏での「サライ」の大合唱はまさに、支部の壁を壊して繋がれた瞬間でした。
実行委員長の私個人と致しましては、最後の挨拶の時、「ハッピーと感動は届きましたか?」という卒業生の先輩方への投げかけの答えが「拍手」と「笑顔」だったことが約5ヶ月間準備してきたこと全てが報われた瞬間で思わず言葉に詰まってしまいました。共に準備してきてくれた実行委員のメンバーにも感謝してもしきれません。
卒業生の先輩方、ご卒業本当におめでとうございました。たくさんの方に参加して頂き盛会に終われた卒業式、ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。