同友ひろしまNews

「地域に寄り添うリサイクルシステム~業界トップランナーから学ぶ~」~呉支部 地域内連携推進委員会&地球環境委員会

訪問先:平林金属㈱(岡山市)

  去る9月27日に開催され、呉支部の会員19名が参加しました。
 見学先である平林金属㈱さんは昭和31年の創業です。同社の強みは、徹底した再資源化システムで、世界に誇る高品質のリサイクル原料を創出していることです。
 さっそく、参加された方から感想が寄せられましたのでご紹介いたします。

 今回は、地域内連携・環境経営に取り組む企業見学会ということで、所在を岡山県に置く平林金属㈱様にお邪魔しました。平林金属㈱様は「モッタイナイ・アリガタイ」を合言葉に独自の再資源化システムで、高品質のリサイクル原料を創出する総合リサイクル企業です。大学と共同開発した選別機など産学連携も行っています。
 最初に向かったのは、岡山市並木町にある「えこ便 並木町局」です。「えこ便」は一般家庭で不要になったものを、分別回収し、再資源化するサービスです。これまで「BtoB」の事業をしてきましたが、初めて「BtoC」にチャレンジした新事業だそうです。そこでは、昔ながらの汚い男の業界というイメージを払拭する為、新卒採用や女性スタッフの雇用に力を入れています。清潔感に溢れ、お客様から「女性スタッフが気持ちよく対応してくれるので、とっても安心できます」という言葉を頂いたり、評判も上々で、今では会員当登録数は六万人を突破する勢いです。見学中にもお客様が途切れることなく来店され、元気に応対するスタッフの皆さんがとても印象的でした。
 その後、港工場に移動し昼食を済ませた後に、代表取締役社長の平林氏に話を聞き、質疑応答の時間となりました。平林社長は、これまでの様に「量」は見込めなくなる。「質」で勝負すると話されました。今まで分別できなかった領域にも踏み込み、徹底分解、徹底選別し、人の目と手で精度を上げることで、分別できるカテゴリーを増やしてきたそうです。どこに出しても恥ずかしくない資源を作ることが「高品質」につながり「ヒラキンブランド」になっていると感じました。また、「誰かがやらなければならない仕事なら自分がやろう」という精神で社員一丸となり、今の社会だけでなく、これからの未来を切り開いていく底力を少しの時間からでも感じ取ることができました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 商品のパッケージデザインや販促用のデザインツールなどを手掛ける、オキデザインの沖氏。八天堂のロゴマークは代表作の一つです。  沖氏は昨年の第四期経営指針塾に参加。「経営基礎講座を受けて、本気で経営に取り組まないと将来が…

>続きを読む

「ハチロク」(三次市)  三次もののけミュージアムそばにあるこの蒸気機関車は、1921(大正10)年製造。引退する1971年まで芸備線や福塩線で活躍しました。某人気アニメ映画に登場するSLのモデルではないかといわれた型式…

>続きを読む

 県政策委員会(宮崎基委員長)は、7月1日から20日にかけて、今年度第1回のアンケート調査を実施、過去最高の972名の皆さんから回答がありました。長期化するコロナ禍と原材料高騰の中で、環境変化に対応し挑戦する皆さんの様子…

>続きを読む

■条例は自治体の理念    松山市では平成二六年四月一日に松山市中小企業振興基本条例が施行され、円卓会議と専門部会での議論が始まりました。条例文には、他の経済団体と並んで中小企業家同友会の名前があります。条例制定に関わっ…

>続きを読む

 7月6日、中小企業家同友会全国協議会の「中小企業魅力発信月間キックオフ」行事がオンライン(zoom)にて開催され、全国の同友会会員、国会議員、地方自治体の職員など、約660名が参加しました。広島からの参加は14名でした…

>続きを読む
トップヘ