同友ひろしまNews

福山学全10講座が終了

 

 2月14日の第10講を持って、当初予定していた福山学のカリキュラムが終了しました。
 このカリキュラムは、中小企業振興基本条例をつくる運動の一環として、呉支部が取り組んだ「呉学」を模倣したものです。すでに始まっていた「福山市の経済と地域活性化を考える会(全9回)」と対をなして、地域の事を知り、地域の事を考えることで、自社の経営に役立てることをめあてとしたものでした。勉強会を実現するにあたっては、福山市産業振興課の大きなご協力がありました。登場いただいた講師は市の課長級の方々が大半でしたが、教育長もご登壇いただく幸運も得ました。
 勉強会を担当した、地域内連携推進委員長の漆川氏(福山観光旅行㈱)は「表向きのテーマとは別に市役所の方とより深い人間関係の構築を行うこと、市役所の方に私たち中小企業のことをより知っていただくこと、市役所の方に同友会を理解していただくことを裏テーマとして運営してきました。出席いただいた方のみならず、ご登壇いただいた方からも肯定的な意見をたくさんいただいていることから、来期も2ヶ月に1回は市役所の方においでいただいて福山学を継続して運営していきます。是非、ご参加いただいて一緒に学びを深めましょう」と語っています。 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

講師:日下企業経営相談所 代表  日下 智晴 氏(元金融庁地域金融企画室長) 私は、広島銀行に31年、金融庁に6年勤めた後定年退職し、祖父が開設した経営相談所を再興しました。 私は同友会が、金融・行政が大変混乱していた時…

>続きを読む

報告者:中同協 条例・憲章推進本部 顧問 杉村精工㈱ 取締役会長 杉村 征郎 氏(静岡同友会) ■中小企業憲章制定運動とは 中小企業憲章とは、日本の経済・社会・文化及び国民生活における中小企業の役割を正当に評価して、豊か…

>続きを読む
トップヘ