同友ひろしまNews

更新日2016.09.05

ちょっとした話①~中四国初の産業医事務所

08p1 呉支部会員の篠崎保範氏(社会保険労務士事務所フェニックス所長)が、精神科の産業医と連携し、合同会社 アークヘルス産業医事務所を設立されました。法人として同様の事務所を開設するのは中四国でも初になるとのこと。
 「昨年安衛法が改正され従業員50人以上の事業場にストレスチェックが義務化されるなど企業のメンタルヘルス対策の充実・強化が進んでいます。企業の生産性・労務管理上においても、従業員の健康管理の必要性がさらに高まることが予想されます」と篠崎氏。
 「産業医は医療面で、社労士は労務環境の改善でサポートするというベストマッチなコラボで企業の健康管理に応えていく」のがねらいです。
 具体的なサービスは、嘱託産業医の派遣や健康診断・ストレスチェックの結果に基づく保健指導のほか、人事労務・安全衛生などのコンサルティングなども行うとのこと。また、内科系産業医、産業カウンセラー等、提携する専門家のネットワークも構築されており、企業の健康管理にワンストップで対応も可能になりました。
 最後に「企業にとって最も重要なパートナーである社員の健康をないがしろにしていては企業の発展は望めません」というお話が印象的でした。
 お問合せは同所(℡082‐221‐0830)まで。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 講師:駒沢大学経済学部 教授  吉田敬一 氏(中同協企業環境研究センター座長)  はじめに  2013年に福山支部に来た時の福山支部のテーマがGCH(社内総幸福)でした。  私はこのGCHという言葉が大好きで他同友会で…

>続きを読む

 講師  丸山 博 氏(㈲第一コンサルティング・オブ・ビジネス 代表取締役)  ●投資が投機に化ける  皆さんは投機という言葉をご存知でしょうか。投機とは投資と異なります。売るために買うことを投機と言います。極論すると「…

>続きを読む

報告者:㈱晃祐堂 取締役社長  土屋 武美 氏(広島東支部) ㈱晃祐堂 土屋 武美 氏 晃祐堂理念 :技術、品質、コストを究める ・国際的視野で未来を見つめる ・人材を鍛え育てる ・お客様の喜びを目指し、感謝の心で行動す…

>続きを読む

     ブランドは当たり前になりました。それだけ自分たちの価値を伝えたい人が増えたということです。今日はどうやって社員を巻き込んでブランドを作っていくか、私の関わってきた中業企業の事例を元にお話しします。  ■生き残る…

>続きを読む
トップヘ