活動レポート/県東部エリア/News

「今年も開催、福山平成大学との連携講座」福山支部

 広島県中小企業家同友会は、福山平成大学と連携協定を結んでいます。
 福山支部では、2019年から同大学経営学科の1年生を対象とした「学生による地元中小企業研究」に協力しています。
 この研究は、地元志向の強い大学生と地域に根をはる中小企業が、それぞれの魅力や課題を知り合うきっかけとなることが企画されています。
 研究のスケジュールは、経営者講義、会社見学、学生から企業へのフィードバックと続きます。これまで、2019年は㈱ププレひまわりさん、2020年は㈲メタルワーク福山さんにご協力いただきました。

 今年は、北村自動車㈱さんにご協力いただき、9月30日の北村社長の講義を皮切りに研究がスタートしています。講義では北村社長から、学生に向けて研究課題が提示されました。それを受け、10月14日(木)、21日(木)には、それぞれ25名の学生が同社を訪問。①どんな仕事をしているか、②どのような心構え、お客様への接し方など大切にしていること、実際に働いていて必要なことについて整備部門、販売部門、保険・受付部門の各担当社員さんから説明を受けました。学生さんの熱心にメモをとる姿が印象的でした。
 北村社長からの課題は、「ホームページ、SNSを通じてどのようにしたらお客様との信頼関係を築くことができるか?」でした。
 次回、学生から企業に、どんなフィードバックがあるのか期待が膨らみます。

 このコロナ禍の産学連携が「地域で育てた若者を地域に残す」取り組みになっていくことにも期待します。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 県東部エリア の記事一覧

 4月初旬の2日間から3日間にかけて、58社104名の新入社員研修が広島(24社53名)、呉(14社25名)、福山(20社26名)の3会場で開催されました。  同友会の新入社員研修は、参加企業と求人社員教育委員会が研修実…

>続きを読む

 広島県は今年度の新しい施策として、リスキリング推進企業応援プロジェクトをスタートさせました。4月11日に開いた政策委員会主催の説明会には約90名の会員がZoomで参加しました。  リスキリングとは、産業構造の変化など経…

>続きを読む

 政策委員会は4月19日、中小企業経営者の金融知識を高めて地域金融機関と良い関係をつくろうと、学習会を行いました。講師は金融庁で初代の地域金融企画室長を務めた日下智晴氏(現 日下企業経営相談所 代表)。日下氏は広島の金融…

>続きを読む

 第5期ひろしま経営指針塾が2月に終了し、約2か月が経った4月14日、広島市内の会場にて指針塾同窓会例会が開催されました。この例会は、指針塾修了生やサポーターを対象として、年に1度は集まってお互いの経営指針の実践状況を報…

>続きを読む

報告者:㈲)いっとく 代表取締役 山根 浩揮 氏(尾道支部)  飲食を通した街づくりの会社、㈲いっとくの山根と申します。居酒屋・カフェ・ゲストハウス等を営んでいます。 ■今、何か動かなければ  これまで、「いつも何かを取…

>続きを読む
トップヘ